気楽に行こうよ ♪

「中年ジョガーの四方山記」、「鷲宮弦代JC」と綴ってきたブログ、またお引越し、還暦を遙かに過ぎ、一生懸命というほどの根性もなく、なるがままに・・・。

南側用水の碑、ポンプ

 今日のランは距離練習がしたくなり、久しぶりに南側用水路のポンプが鎮座しているところまでの往復とした。
久喜市内から葛西用水路沿いの側道を行き、その下流は大落古利根川に至る、幸手市経由で杉戸町だ。
東武日光線の踏切を超えると右手に「南側用水の碑」と「ポンプ」が青空の下に鎮座している。
DSC_4431


DSC_4433

南側用水路は、江戸時代初期の万治3年(1660年)、利根川筋・本川俣村に葛西用水の取水口が作られた際に、その支流として当時の幸手領南側一帯(幸手市から杉戸町を経て春日部市まで)に農業用水を供給するためにもうけられた。
DSC_4427

杉戸町を9.5kmに渡り流れる南側用水路は、大切な農業用水路としての役割を果たすとともに、清らかな水に魚が泳ぎ、沿線の人々の生活に深く係りながら、身近な水辺として親しまれてきたという。

だが、農業用水のパイプライン化により、昭和63年3月に300年あまりに渡る用水路としての役割を終えた。

道路の反対側には「南側用水路水路記念板」がせっちされており、次のように書かれていた。

DSC_4425
『南側用水路の跡地は杉戸町の貴重な都市空間であり、町民共通の財産でもあります。
この貴重な南側用水路の跡地を町民の皆さんにより親しんで頂けるように、散策道として整備したものですが、この場所には、大落し古利根川からの水を用水として取水し、南側の用水を管理するための水門がありましたが、散策道工事によりやむ得ず取り壊すことになったことから、ここに記念として残すものです。』
DSC_4428

ポンプ形式は、立軸軸流ポンプで、ポンプ口径D1000、全揚程3m、揚水量140m3/min)、回転数485rpm、原動機容量110kw、製作年月日は昭和25年3月となっていた。

ここまでの往復で、21.6km。
曇り空から予報に反して青空が広がり、暑かったが、良い練習になった。

20200523
 


「ぱぴぷぺぽ」の法則

部屋を掃除していたら、会社の古いカタログが出てきた。
Windowsではなく、まだ、MS-DOSの時代の製品カタログだ。
このカタログを見て製品の名前をどうつけたのか思い出した。

まだ世の中に部門別に特化した専用のCADがない時代に土木専用のCADを開発した。
いよいよ商品化、さて、製品名はどうするか?と思ったときに、広告代理店の担当者から教えて頂いたのが「ぱぴぷぺぽ」の法則だ。

ヒット商品には、「ぱぴぷぺぽ」がついた名前が多いとのこと。
薬なら、パンシロン
ドリンクなら、リポビタン
お菓子なら、ポッキー
なるほど、どうせならインパクトがある製品名でヒットさせたいと考えた。

そこで名付けたのが「PROJECT‐SW」(プロジェクトーエスダブル)だ。
土木なんだから、プロジェクトだろ、下水道に特化したCADなのだから、SEWAGE(下水)でSWだ。
そして「プ」があるしと言うことで割とすんなり決めてしまった。

当時の価格で、245万円だったか?
とても高かったが、よく売れた。
当時、外注さんは元受けから、概ね図面1枚1.5~2万円程度で請けていたと思う。
このCAD、仮設図や擁壁の配筋図などは、自動作図機能を有していて、30分ほどで1枚が仕上がる。
リース料4~5万円でこのCADを導入しても図面3枚書けばお釣りがくるので、特別に頑張って営業せずとも口コミであっという間に全国に知られた。

もちろん、製品の緻密な作りこみがなせる業だと思っている一方で、縁起を担ぎたい気持ちもあって、その後のWindowsになっても、商品名には「ぱぴぷぺぽ」を使い続けている。

DSC_4388
カタログ製作は、CGなんてない時代だったので、川にパソコンを持って行って撮影したり、壊れかけたモニターの周りをコンクリートで固めたりと貴重な経験で面白かった。

今では、こんな事せずにソフトで簡単に合成できる、それが良いのかどうかは分からないが、自分にとってはある意味、良い時代だったんだなと思う。

 

走ることについて語るときにクマの語ること

「走ることについて語るときにクマの語ること」のカテゴリーへの書き込みは、7年ぶりになるか、新型コロナウィルスによる緊急事態宣言のさなか、思ったことを書いてみる。

ちなみに、このカテゴリーは、ご存知のように、村上春樹「走ることについて語るときに僕の語ること」を模範したものだ、そして、クマとは、学生時代のわたしのあだ名だ。

今現在、わたしがエントリーしたマラソン大会の中止または延期になった大会は12大会になる。

2011年3月の東北地方太平洋沖地震の際にもマラソン大会の中止は相次いだ。
わたしがエントリーしていた大会だけでも6大会が中止になったが、その後、5月末には各地でマラソン大会が実施された。
さすがに東北地方での開催はないが、それ以外では各地で開催されていった。
復興支援、絆、元気になろうとの思いが多かった。

今回のマラソン大会中止の主な理由は、ご存知のように感染防止だ。
ランナー視点では、参加者が少ないローカルな大会あるいはトレイル大会なら感染リスクは少ないと思いがちだが、大会運営には地元の方々のボランティア活動が欠かせない。
受付、走路、エイドなど様々な場面で地元の方々にお世話になっている。

たとえ少人数のランナーであっても各地から来る、多少体調が悪いからといって棄権してくれればよいが、無理して走る輩は意外に多い。
お前が云うなと言われるかもしれないが、大会参加者のマナーは以前より確実に悪くなっていると思う。
自分は感染覚悟で走るなどと言われたら目も当てられない、どうしたらうつさないかが重要なのだ。

こうなると、必然的に大会の開催は中止せざるを得ないことになってしまう。

東北地方太平洋沖地震後の大会開催は、人と人との絆だったのが、今回は人と触れ合ってはいけないと正反対なことが起きているので、これからの大会の開催判断はより一層難しくなっていくと思う。

さて、わたしは大会が大好き人間だと思っていたのだが、実は走ること自体がやはり好きなんだと改めて気づいた。
大会があれば、それに向けて練習をする。
練習内容は必然的にスタミナ強化の距離走や速さを求めるスピード走、そして筋肉の超回復や疲労抜きジョグと組み合わせる。
これは、やらなければならないと少なからずストレスに感じることがある。

ところが今、大会が無いおかげで、ある意味、自由に走っている。
速く走りたいときは速く走り、長く走りたいときには遠くへ行く、走っているうちに寄り道をしたりすると新たな発見があったりで、それは面白い。
そして休みたいときは休む。

幸い、近くに幾つかの河川と用水路があるので、その側道は人も少なく走り易い。
もちろん、散歩の人たちが皆無という訳ではないので、マスクは必須だ、今のお気に入りはバフだ、少なくてもわたしの飛沫はこれでかなり抑えられていると思う。

緊急事態宣言が終わり、新型コロナウィルスが収束をむかえ、マラソン大会が普通に開催されるようになるのだろうか?

東北地方太平洋沖地震の数年あと、いわきサンシャインマラソンを走ったことがある。
その時、沿道の地元の方たちの応援、「来てくれてありがとう」の多くの声が忘れられない、そんな声を再び聞くことができるのだろうか。

まあ、いつか開催される大会に思いをはせ、今日も走る。
 
DSC_4350
    練習コースの一つ:北側用水路 
 








Stay Home

もともとフルタイムで働いている訳ではないが、今月はまったく会社には出社せず、テレワークで仕事をこなした。
内容も日々、どこまでは終わらせないとダメということもないので、午後には走りに出ることが多かった。

その結果なのだが、今月、走った日数は25日なる。
月間走行距離は、365kmになった。
つまり、1日平均14.6km走っていたことになる。
ひと月の間に20km以上走ったのが4日、30km以上が1日ある。
走歴は、25年になるが、こんなに走ったのは初めてだ。
むかし、萩往還で250kmを走った時も月間の距離は、こんなにいっていない。
まさに、Stay Homeのおかげだ。

もちろん、走るときにはマスクは必須だ。
使い捨てのマスク、手作りマスク、バンダナ、バフと色々試したが、バフがもっとも走り易かった。

そして、ソーシャルディスタンスも気にした。
まだ、4月初旬のころは、公園を走っていても問題なかったが、緊急事態宣言がなされてからは、人手が多くなってきたように思う。
ただ、都内の公園の様子とは全く違うほど空いているのだが、やはり用心に越したことはないので、コースを変えた。
基本的には、中川や権現堂調節池、葛西用水路など水辺の側道を走ることが多くなった。

今月初めは、桜や菜の花だったのが、ハナミズキを経て、今や、ツツジ、フジやポピーになっている。
そして、ここ数日で水田には水がはられ苗が規則正しく風に揺れていた。

そうそう、Stay Homeのおかげで、餃子とシュウマイの包み方は上手くなったと思う。
オンライン飲み会をやったし、オンラインTAPレッスンも受けた、こんなこと中々出来ないし良い経験になった。

20200430
   4月30日、葛西用水路沿いを20km

女房の誕生月でもあったのだが、プレゼントを買いに行くこともできず、花をあげた。
DSC_4386

花なんて十年以上渡していないと思うのだが、想像以上に喜んでくれた、これもStay Homeのおかげなのかな。
来月早々に収束なんてある訳ないので、新たな楽しみをこれからも見つけようと思っている。



週末ひとりフルマラソン

『コロナに負けない!今こそ「週末ひとりフルマラソン!」』という企画を知ったのが遅かったのだが、在宅勤務の日々なので、トライしてみた。

いつも大会で走り終えたら、仲間たちとアフターを楽しむのだが、昨今の状況ではそれも叶わないので、仲間に呼びかけ、それぞれが走り終えたあと、Zoomでやるオンライン飲み会も企画した。

1日で走り切るには厳しいが、2日連続でトータル42.195kmでも構わないということなので、金曜日・土曜日で走った。
まず、金曜日は近くの弦代公園(周回1.15km)で、16.2kmを走った。
翌日の土曜日は、平日と違って人出があるので外へ出た。

まず、葛西用水路(コスモスロード)を距離稼ぎのために幸手市の方向に向かい、折り返して栗橋の方へ向かう。
田んぼには水がはられ、代掻きの季節だ。
用水路の大きさは、この代掻き用水の量でほぼ決まると言っても過言ではないので、水路の水位は高くなっていた。

たまに人とすれ違うので、しっかりマスクをして走った。

葛西用水路が中川と並行する個所で、今度は中川沿いを走る。
途中、大きなパチンコ屋があるのだが、休業中なので駐車場には車がない。
さいたま栗橋線を横断し、すこし中川から離れるが、その先からは再び川沿いに走れる。
今日も筑波山がくっきり見えた。

高須賀池の脇を通り、幸手の権現堂だ。
菜の花と桜堤で有名だが、今年のイベントは中止だった。
長く咲いていた菜の花もつい先日刈り取られた。

権現堂調節池沿いを走る。
いつもは公園を給水場所にしていたのだが、土曜日なので人込みを避け先に進んだ。
17kmぐらい走ったので、池の反対側に行き、あとは我が家を目指すことにした。
そして、合算すると42.195kmになる26km地点、家まではまだあるが、ここで走り終えた。

スクリーンショット 2020-04-26 12.26.59

帰宅してシャワーを浴び、オンライン飲み会だ。
想像以上に楽しくて3時間も飲み続け、ウィスキーのボトルを一本空けてしまった。

余談だが、今日走ったコース。
中川はその昔、建設コンサルタント時代に護岸の設計をした川なのだが、今となっては、どこの地点だったのか全く思い出せない。
そして、権現堂調節池は、池周辺の水田の農業用水補償で水中ポンプの設計をしたことがあるのだが、これもまた場所は特定することができない。

そもそも35年ほど前の話しだから無理もないか・・・。



マラソン大会の開催中止

新型コロナウィルスの影響で、マラソン大会の開催中止が相次いでいる。
基本的に参加費は返還されないことになっていて、ゼッケン、大会プログラム、参加賞などが後日送られてくることになっているのだが、比較的開催時期がまだ先のものは別に何らかの処置を行っている。

わたしがエントリーした大会で、今までに中止案内が来たものをその対応と合わせて整理してみた。

2/23 ふかやシティハーフマラソン(埼玉県)種目 ハーフ
   参加費 4,500円 来年の大会で優先的にエントリーする

3/8   静岡マラソン(静岡県)種目 フルマラソン
   参加費12,000円 特別な対応無し

3/15 北下浦ふるさとマラソン(神奈川県)種目 10km
   参加費3,500円 参加賞が地元で使える金券からクオカードになった。

3/22 久喜マラソン(埼玉県)種目 ハーフ
   参加費3,500円 クオカード500円の返金 来年の大会に優先エントリー

4/5   青梅高水国際トレイルラン(東京都)種目 15km
   参加費5,000円 特別な対応無し

4/12 おやま思川マラソン(栃木県)種目 フルマラソン
   参加費5,000円 来年の大会参加費が半額(2,500円)

4/19 かすみがうらマラソン(茨城県)種目 フルマラソン
   参加費7,000円 特別な対応無し

4/26 瀬戸内アイランドトレイル in 呉・とびしま 2020(広島県)種目 21km
   参加費4,900円 来年の大会の参加費1,500円分を免除

5/10 鹿沼さつきマラソン(栃木県)種目 ハーフ
   参加費3,500円 可能な範囲での返金(まだ確定していない)

5/17 奥武蔵グリーンラインチャレンジ(埼玉県)種目 フルマラソン
   参加費3,400円 クオカード2,500円の返金

現在のところ、参加費の総額は、52,500円だ。
対して戻ってくるお金は、クオカードで3,000円と来年の参加費2,500円+1,500をカウントすると7,000円になる。
つまり45,500円は消失してしまったことになる。
ただ、主催者は大会開催前に相当の費用を支出しているので、わたしとしては致し方ないと思っている。

早くこのような状態が収束して青空のもと、みんなと一緒に走りたいと思いながら、人との空間距離を意識しながら練習をしている日々だ。
 

災い転じて福となす

新型コロナウィルスの影響で、エントリーしたマラソン大会が6つも中止になった。
4月5月の2大会もほぼ中止だと思っている。

例年この時期はシーズンということもあり、毎週のように大会を走っている。
走るのが好きというより、大会参加が好きだと思っていた。
今は、毎週の大会がないので、近場の公園などを練習で走っているのだが、走るのが楽しい。
大会参加も好きだが、そもそも走るのが好きだったのだと思い返した。

毎週のように大会を走っていると、月曜日から金曜日までは、疲労抜きジョグやつなぎのジョグで費やし、土曜日は休足日として過ごしていた。
それが、大会がないと、自由に走れる。
基本的には、長距離走+ジョグ+スピード走を日によって変えて走ることができる。
しかも、疲れがあると思ったら休めるし、調子が良かったら少し距離を延ばす。
この適度に適当なサイクルがストレスの解消にもなり心地よい。
もちろん、この状態で大会を走ったらと思うことは多々あるが、今のこの状況では致し方ないだろう。

そして思わぬ効用も出てきた。
体重が減り始めている。
月間走行距離は、200km超で、従前とさほど変わらないのだが、大会の前だとカーボローディングするし、ゴールすればご褒美でたらふく食べる。
それが、練習の日々だと、食べる量も質も大して変わらない。
結果、徐々にだがウェイトが減り始めたのだと思う。

新型コロナウィルスの影響で大会に参加できないのは残念だが、この状況のなかで、新たなことや、振り返りがあって、それはそれで今後のランニング人生において、糧となったのだと思っている。

多少、使い方が間違っているかもしれないが「災い転じて福となす」じゃないのかな。

1574600009196
昨年のつくばマラソン、今、少なくても1kg以上は減量しているはず。
 




不要不急

今週末は特に不要不急の外出は自粛なのだそうだ。
で、「不要不急」って何となく分かるけど何だと思って辞書で調べてみた。

そもそも、この熟語は、広辞林にはないようだ?
「不要」と「不急」それぞれの単語をつなげた造語なのだろうか?

ネット検索すると、唯一、実用日本語表現辞典に「重要ではなく、急ぎでもないこと。」とあった。

で、それぞれの単語を調べた。
「不要」は、必要がなく、いらないこと。と記されていた。

う~ん、どうも、「要」には「重要」と「普通の要」と二つの解釈があるようだ。

あるご老人の日課は散歩だとする。
1日の生活のなかでバランスをとっている散歩は欠かせない、つまり必要だ。
でも、重要かと問われると、なかなか判断に困ると思う・・・。
で、結果、散歩を止めて、心身のバランスが崩れたら本末転倒だ。

「不急」は、急いでする必要がないこと。と記されていた。

なんだか、「不要不急」は、「一番最初」とか「馬から落馬した」「最後の切り札」みたいな重言に聞こえてしまう。

急いでする必要がないこと、これまた、難しい。
少なくても、私らの世代では、「今日できることを明日に延ばすな」と言われて育った。
つまり、急いでする必要がなくても、今日やるのが当たり前なのだ。
それをするなとは、時代が変わったのか、状況が状況だからなのか・・・。

まぁ、別に屁理屈を言っている訳ではないが、言葉は大切にと思っているだけなのだ。

一先ず、明日は、不要不急、せいぜい、スーパーに買い物に行くだけにするか。

 
ko

特設サイト 新型コロナウィルス
 




太平山トレイル

明日のふかやシティハーフマラソンが中止になったので、前日の今日、負荷をかけても大丈夫だと思い、天気とにらめっこ、雨も上がり陽射しが少しあったので走りに出ることにした。
3月の大会は既に中止で全滅、4月の大会は久々にトレイルの大会を2本入れたので、その練習をすることにした。
高尾、奥武蔵、丹沢はちょっと遠く、もっと早く出なければ間に合わない。
そうだ、栃木の太平山トレイルにしようと思った。
最寄駅から、乗り継ぎが良ければ、40分ほどで着いてしまうのが良い。

東武線の新大平下駅から走り始める。
2kmほどロードを行くと、太平山の登山口だ。
DSC_4251

ここで、Tシャツ1枚になり登り始めたが、結構な勾配で苦しい。
早歩き程度にして呼吸を整え、眺めが良い謙信平から太平山神社までノンストップで行った。

太平山神社でお参りし、さらに進む。
ハイキングをする人はいるが、トレイルは一人しかいなかった。
DSC_4254

太平山(341m)晃石山(419m)馬不入山(345m)大明神山(274m)とアップダウンを繰り返し麓に着いた。
DSC_4258

DSC_4262

特に最後の大明神山はあまり知られていないと思うが、馬不入山から大明神山を経由して麓までが、人いなくてもっともトレイルしやすい。
トレイル区間は10kmほどだった。
麓登山口にバリケードがありこんな看板が、いや~、道を踏み外さなくて良かった。
DSC_4267

あとはロード、どこまで粘れるかだが、藤岡駅までを目指すことにした。
当初は元気だったら、三毳山も登ろうと思ったんだが、もうそんな気力は残っていなかった。

途中、寄り道や立ち止まったりしたので、走り始めから4時間40分ほど23.5kmで藤岡駅に着いた。
DSC_4269

駅前の自販機で早速、缶ビール、美味かった!
DSC_4271
 
ohira
 



愛媛マラソン

愛媛マラソンは、2年連続3回目の参加になる。
3年前は4時間8分だったので、相性が良いと思って昨年参加したら、飛行機が雪で飛ばず、新幹線と在来線の移動を余儀なくされた。
長時間座っていたため、梨状筋を痛め、当日は散々なタイムだった。

今回は故障中ということもあり4時間10分台を目指してスタートした。
DSC_4212

前半は、6分/kmを切るペースで前に進むと、ちょうど走友Mさんが前にいたので、しばらく付いていくことにした。
向かい風なので、風除けにもなる。

ただ、2週間前の館山若潮マラソンの際には痛まなかった足底筋が、ハーフを通過した辺りから痛み出し、我慢できずにロキソニンを2錠飲んだ。
少しは効いた感じがしたが、足裏が痛いとバネが感じられず、せっかくの追い風が味方にならず、次第にタイムも落ちてきた。

こうなると、弱気の虫が起きだし、休めやすめと囁いてくる。
結局、トイレによって小休止、エイドではバナナに豚汁や坊ちゃん団子を食べてしまった。
ゴール2kmほど手前では、今回DNSしたTさんが旗をもって応援してくれていたので、ここ幸いと立ち止まり暫し屈伸をしながら会話、そして最後は左ふくらはぎが攣りそうになったので、引きずるような走り、ゴール手前の左折で先にゴールしていたYさんの声援を受け、なんとかゴール。
DSC_4218

4時間10分台はならず。
すぐ後続には、昨年リタイアしたNさんがゴール、さらに直後にTさんもPBでゴール。
いやー、来年あたりは追い越されるかもしれないな。

翌日は走友たちとしまなみ海道をレンタサイクル、今治から来島海峡大橋を渡り、満喫した。
しまなみ海道100kmウルトラ遠足が復活したら、また走りたいと強く思った。

DSC_4233
 
スクリーンショット 2020-02-11 16.57.29
 

 



第52回川内鴻輝ランニング教室

わたしとしては珍しく、先月に続いて、久喜市総合運動公園市民グランドの練習会に参加することができた。
今回の練習テーマは、スピード持久力を高めるトレーニングとして、ショートインターバル走だ。

先月と同じように走力別に組み分けされ走る。
わたしは、400m×10本(R=200mジョグ)疾走=112秒(=キロ4分40秒)の組で5本走った。
DSC_0021

その後、遅れ始めたので、一組下がって、400m×7本(R=200mジョグ)疾走=120秒(=キロ5分00秒)に移り4本走った。
そしてラスト1本(400m)はフリーなので、全力でキロ4分で走り、予定通り400mを10本走った。

最近の練習は、5分50秒~5分30秒程度のビルドアップ10km走がほとんど、たまに速くても、キロ5分10秒前後で1,000m1本だから、だいぶ息は上がったが良い練習になった。

そして、これでメニュー終了と思ったら、練習時間が少し余ったからと、急きょ1チーム6人(6チーム)によるトラック半周200m駅伝を行うことになった。
フリーで頑張ったのに更に200mはキツカッタが、駅伝になるとやはり頑張ってしまう。
でも、これはこれで、1週間後のフルマラソンに向けては良い刺激になったと思う。
 

ランニングパトロール

久喜市では協働で安全・安心なまちづくりの推進を図るため、ランナーによる地域見守り活動「ランニングパトロール隊」の募集が昨年11月にあった。
わたしも早速応募し、本日1月11日(土)にランニングパトロール隊の発足式が久喜市総合文化会館で行われたので走友たちと一緒に参加した。
DSC_4106

ランニングパトロール隊の活動は、人的対応としては、すれ違う人々への声掛け「こんにちは」や、ランパトすることによる不審者に対する抑止効果、物に対しては破損物や街灯の照明不良などの連絡が主なものとなる。
昨年末にもカーブミラーの故意的な破損がニュースになったり、防災無線では子供に対する大人の怪しげな行動がたまに発せられるので、これらの抑止効果は高いと思う。

公共施設などで不具合ヵ所があったら、スマホで写真を撮り、次のような画面から市役所に送信することができる。
久喜市、なかなか、やるじゃないと思った!

Screenshot_20200111-191101
発足式のあとに増田明美さんの講演があり、その後、市民ランナーの聖地化メンバーが4グループに分かれ、早速、街中にパトルールに繰り出した。
DSC_4111

DSC_4113

DSC_4115

こんにちはと声掛けすると、多くの人が、こんにちはと返してくれた、これ意外に嬉しい!

そして、これらの活動を一過性にせず継続して行っていきたいと思っている。
 
発足式にあたっての配布物はポロシャツを含むこれらでした。
DSC_4117

 




第51回川内鴻輝ランニング教室

新年早々、第51回川内鴻輝ランニング教室に参加した。
昨年は、大会参加とランニング教室がバッティングして数回しか参加できなかったので久しぶりだ。

今回のメニューは、
講習会テーマとして「セルフケアの重要性と、効率のいい身体の使い方!」を講師として田中裕将トレーナーが行った。
DSC_0029

故障だらけの身としては、知っていることも多かったが、改めて聞くと、もう一度、ちゃんと注意してケアしようと思うから不思議だ。
知っていても実践しないと意味がない、今年は気を付けようと思った。

練習メニューは、
「スピード持久力を高めるトレーニング」をテーマに、セットインターバル走を行った。
速さ別に6チームに分かれるのだが、正月太り&故障中なので、チームハム太郎のグループに入った。
IMG_0251

練習内容は、(1000m+400m)×4(R=200mジョグ) セット間3分
疾走=5分30秒+120秒
DSC_0067

物足りないかと思ったが、久しぶりのトラック走はこのタイム設定でちょうど良かった。
ラスト400mはフリーになるので、ここは頑張った。
96秒なので4分/km換算になる、良い刺激になった。

そして、一度帰宅しての新年会参加。
1週間前に行われた年末の川内杯栗橋関所マラソンの反省かとともに行われ、今年も良いスタートがきれた。
 

大晦日

今年は、春先に白内障の手術をしたので走れず、初夏以降は夏バテ、秋には軽い肉離れ、そして足底筋痛で思うように距離を踏めず、1年間の走行距離は昨年とほぼ同じの2,155kmだった。
一昨年は3,000km近く走れたので、三分の二となってしまった。

大会参加の総距離が、940kmだったので、練習はわずか1,200kmほどしか走らなかったことになる、ガックシだ。

今年の大会エントリーは27大会だが、DNSが2大会、同じくリタイアが2大会なので、走り切ったのは23大会になる。
ウルトラマラソン系が2回
フルマラソンが11回
ハーフマラソンが5回
10kmが3回
リレーマラソンが2回になる。

2019
 2019年のエントリー大会一覧(クリックで拡大)

それでも、2月の姫路城マラソンは旅ランとしてとても楽しかった。
2019-02-24 13.17.14

7月の津軽ジャーニーラン177kmも序盤に足が攣りながらもゴールテープを切れたのは、まだまだ粘れる力があると実感し嬉しかった。
2019-07-14 06.19.18-1

山は、富士山の次に高い山「北岳」夏に登った、50年ぶりの北岳は下山後さすがに消耗した。
IMG_3010

秋には、いわて盛岡シティマラソンの翌日にあこがれの早池峰山に登って感動した。
DSC_0390

まあ、なんだかんだ言って、こう振り返ってみると、今年も沢山遊んだんだと思う。

走友たち、いろいろと遊んでもらってありがとうございます。
良いお年をお迎えください!
 



川内杯栗橋関所マラソンのボランティア

伴走以外のボランティアは久しぶり、川内杯栗橋関所マラソン(10km、2km)の受付とゴール給水ボトル渡しのボランティアをした。

走友の車に乗せてもらい、6時40分ごろ会場に到着した。
早速、受付体制のセッティングを行い、準備ができたので開始前だったが受付を始めた。
わたしは女子の10km担当だったので、それほど混雑することなく対応できたが、男子は時々列が長くなることがあった。
80614003_492543721371193_6860561088233078784_n

陽射しがあり風もないが、やはり素手では寒い、チェックシートの紙をうまくめくれないこともあった。

心がけたのは、挨拶とゼッケンや参加賞を手渡した後の声掛けだ。
無口なわたしとしては、1週間分ぐらい口を開いたかもしれない・・・。

9時30分、小学生の部2kmがスタートしたら、受付人員を減らした。
ギリギリまで10kmランナーを受け付ける、スタート15分前を過ぎても来る方がいるのには驚いた。
わたしには、とても真似は出来ない。

10時、10kmのスタートを見送ったら、ゴール後のペットボトル渡しと記録証配布の動線確保だ。
ゴール地点と記録証配布の位置が近すぎて、なかなか厳しい。
そうこうするうちに、30分ほどで先頭ランナーがゴールした、あまりの速さにビックリだ。

途中で表彰式も始まったので、少しづつ動線をずらしてペットボトル渡しの対応をした。
IMG_6825

最終ランナーがゴールしたら、撤収だ。
会場では、川内優輝さんとのじゃんけん大会が盛り上がっていたが、みんなで手際よく片づけができたと思う。

参加ランナー1,000人ちょっとのローカルな第1回大会。
川内杯とうたっている通り、川内一家のおもてなしが、ランナーにとって大好評だった。

今まで、都市マラソンの受付を何回もしたが、この大会の受付もなかなかボランティアのし甲斐があって楽しかった。
もちろん、いろいろな改善点があるのは分かっている。
その改善が成っているか確かめるために、来年も走らずに、この大会のボランティアをしたいと思っている。
 

最新コメント
ギャラリー
  • 南側用水の碑、ポンプ
  • 南側用水の碑、ポンプ
  • 南側用水の碑、ポンプ
  • 南側用水の碑、ポンプ
  • 南側用水の碑、ポンプ
  • 南側用水の碑、ポンプ
  • 「ぱぴぷぺぽ」の法則
  • 走ることについて語るときにクマの語ること
  • Stay Home
  • Stay Home
  • 週末ひとりフルマラソン
  • 災い転じて福となす
  • 不要不急
  • 太平山トレイル
  • 太平山トレイル
記事検索
アーカイブ
  • ライブドアブログ