8月29日(日)朝起きて、カーテンを開いた。

日差しが強い、テレビをつけると最高気温は30℃に迫るらしい。

北海道マラソンのスタートは、12時10分、まさに夏マラソンだと気持ちは開き直った。

休みながらゆっくりと支度し、11時前にはスタートの中島公園に着いた。

着替えて、荷物を預け、トイレに行ったら、もう招集時間の締切り間近だった。

陸連枠なのでBブロック、混雑しているので走友Mさんとは会えずじまいだった。

気温27℃、湿度70%、無風のなか12時10分にスタート。

今日は、5分30秒/kmより早くならないようにと走り始めた。

cfe0d3ed.jpg
最初は緩やかに登っていく、息を整え、まずは順調な滑り出しだ。

3kmほどの地点、目印となるCSH(CALSスクエア北海道)ののぼり旗が見えた。

 

df6e04bc.jpg
ここで、金曜日に一緒に飲んだNさんと家族が応援してくれた。

昨年も同じような場所でご家族で応援してくれた、何よりの励みになるので感謝だ。

5kmの給水箇所からしっかりと水分補給した、スポンジがあればそれも取って頭や首を冷やした。

JRを過ぎた10km手前で、CSHのKさんがビデオ片手に応援してくれた。

http://www.youtube.com/watch?v=kgBMmhjWwQM&feature=player_embedded

 

応援側からランナーを探すのは大変だが、場所がわかればランナーから探すほうが簡単に見つかる、それで大声を掛けた。

距離を踏むにつれて、苦しくなってくる。

もう気温は30℃超えたかもしれない、少なくても路面温度は突破している。それに高い湿度が辛い、今までの札幌のカラッとした気候ではない。

6438b2b7.jpg
18km付近、コースが左折する場所で、昨年一昨年と同様にHさんが応援してくれた。

 

 

29444387.jpg
ビデオを三脚に設置しUstream中継して、カメラ片手にでの応援だ、毎回ありがとうございます。

 

やがて単調な新川通に入る、ここからが辛い。

折り返しのランナーを見ていると、いつもは飽きないのだが、暑さで頭がぼーっとしているので、余裕が無い。

ハーフを過ぎたあたりから、5分30秒/kmオーバーとなってきた。

気持ちを強く持とうと思うのだが、それも長続きしない、23km過ぎからは6分/kmを超えるようになってしまった。

コース上で何人か倒れているランナーを見たし、無理をするとリタイアかもしれない、ここまで来たら、無理をせず完走をしようと目標を切り替えた。

f4911d85.jpg
29km地点で、再びHさんが応援してくれた。

あとで聞いたところ、私の走りでは完走は厳しいと思ったそうだ。

31kmを過ぎたら、7分/kmになってしまった。

給水ポイントのたびに口に含み頭からかぶる。

39kmからは、8分/kmになってしまった。

一応、歩かずに走っているのだが、こんなスピードしか出ない。

bf013c33.jpg
北海道大学構内に入った、40km地点手前で、スポーツボランティア学会で一緒に活動していて今年から北海道に転勤になった東海大学のS先生が声を掛けてくれた。

一緒に走りながら何回も写真を撮ってくれた、感謝。

後日、デジカメデータを送ってくれたのだがすべてピンぼけだった、残念。

昨年はサブフォーということで、北海道大学構内やレンガの庁舎など目に入らなかったのだが、今年はゆっくりと眺めながら走った。

大通公園までくると応援の人が一気に増える、右折してまもなくゴール。

ゴールラインを超えたところで倒れているランナー、救護に運ばれるランナー。

まあ、タイムは良くなかったが、完走できたし、こうやって自分の足で帰れる、これが何よりだと思った。

今回はコース上あらゆる場所で応援していただきました。

改めてありがとうございました。