11日(土)にアクアスロン大会に参加した。

 アクアスロンは、トライアスロンに比べて馴染みがないかもしれない。アクアが示すようにスイミングとランで競うレースになる。

この武蔵野アクアスロン大会は、武蔵野プールと武蔵野陸上競技場で行われる。スイミングが50mの屋外プールを使い、5往復して500mになる。プールサイドのトランジションエリアでナンバーを付けたシャツを着てシューズを履き、タイム計測後に陸上競技場のトラックで3.4kmを走る。

トラックは周回ではなく、折り返しになる。

折り返しのたびに輪ゴムを手首にかけてもらい、その輪ゴムが4本になったところで、ゴールに向かうことになる。

 

昨年とは打って変わって、気温も高い。

屋外プールの水の冷たさを感じない。

11時10分過ぎにスタート、昨年は最初に飛ばし過ぎ息切れしてしまったので、慎重にクロールでいく。息継ぎも普段は二回に一回の割だが、今回は右腕でかいた後に息継ぎをしてリズムを整えた。

プールサイドで応援してくれる仲間の姿がはっきりと分かった、嬉しいもんだ。

そして、ターンの時に前回は休んでしまったが、息を大きく吸い込み直ぐに泳ぐことができた。

b7c1e93c.jpg
5往復後にプールからあがり、Tシャツを着てシューズを履いた。今回はソックスを履かなかった。

走り始めは、スイミングと違う動きなのでぎこちなさが残るが、それもすぐに慣れた。

距離を積むごとに追い抜いていく、もちろん苦しいが、仲間の応援もあり頑張りがいがある。

ラスト、スピードを上げたかったが、あがらない。

ゴール手前で写真を撮ってくれる、最後は苦しくても笑顔でフィニッシュ、沢山の完走賞を貰った。

13時過ぎから表彰がある。

どの大会でもそうだが、走り終えたら表彰式を見ずに帰る人が多いのだが、この大会は違う。

順位表彰もさることながら、飛び賞などがすごいのだ。

結局なにも貰えなかったが、楽しいひと時を過ごすことができた。

スイム500mを14分11秒、ラン3.4kmを15分44秒、トータル29分55秒。

66c95409.jpg
昨年より、スイムで2分34秒、ランで48秒タイムを縮めることができた。

ランニング大会ばかりでなく、こんな大会も良いもんだ。

また来年ぜひ参加したいと思う。