昨年の第1回大会から1週間ずらしての開催は、とても暖かい、いや暑かったくらいです。
走友13名が都内などから参戦、久喜駅まで迎えに行ったのだが、JRが遅延で大混乱に、会場との3往復で7人乗せたが、あとの方々はシャトルバスで会場入り、遅い方はスタートの30分ほど前だった。

久喜総合運動公園を9時30分にスタート、 連戦の疲れと1種間満足に走っていないのでゆっくりランと決め込んで走った。
40

1kmほどで、市民ランナーの聖地化プロジェクトの仲間たち、初ハーフ組が走っていたので、声を掛けて前に進んだ。
34

駅前で写真を撮っていたら、歩道橋から、やはりチームの仲間が応援してくれてビックリした。
41

29

コスモスの季節ではないけどコスモスロードを走り、川内選手との対面を期待したのだが、遅すぎて、会えなかった。
川内さんの出身中学、鷲宮中学では世界陸上代表のメッセージが大きく書かれていた。

鷲宮神社の参道から神社手前を迂回して折り返しになる。
25

対面で走るコースは、仲間たちとハイタッチしながら走れるので楽しい。

JRをくぐり、桜田地区に入ると、いつもお米を買っている農家のNさんが昨年に続き同じ場所で応援していてくれた。
給水所を過ぎた13km地点では、間もなく2歳になる孫が応援してくれた、
1490078697972

そして、いつもの練習コース、弦代公園を通り過ぎ、新幹線高架を過ぎて折り返してから、この高架沿いを走る、昨年は日陰で寒かったが、今年はちょうど良い。
久喜駅東口を通り過ぎ、最後の橋の坂、ここで気合を入れ直して走り切り、ゴール。
応援の人と立ち止まって会話をしたり、写真を撮りながらなのに、わずかだが、昨年よりタイムが良かった。
ただ、昨年と同様、コースが一部変更になったにも関わらず、距離は少し短かったようだ。

その後、隣駅の百観音温泉で汗を流し、せっかくこんな田舎の大会に来てくれたのだからと、我が家で総勢14名で飲み会を行い、最後の方はよく覚えていないほど飲んでしまった。