ランナーズ12月号で、最強の市民ランナー川内優輝さんが、47都道府県での市民マラソン完走まであと7県、5年以内に達成すると書かれていた。

気に入った大会だと何年も同じ大会に参加している身としては、改めて自分自身の47都道府県走破を現実のものにしないとと思った次第だ。

わたしが、今迄に走った大会数は、538大会
リタイアした回数が20回あるので、518回は完走したことになる。
そのうち、フルマラソンは129回完走、ハーフマラソンは134回完走しているので、この2種目で全体の完走数の半分を占めていることになる。

47都道府県で、残っているのは、大分県、長崎県、島根県、広島県の4県になる。
川内優輝さんが残り7県なので、わたしの方に分があるようにも思えるが、なにしろ圧倒的に勢いが違うので頑張らねば・・・。

ちなみに、島根県の大会、えびすだいこく100kmマラソンを走ったことはあるのだが、走友たちとリレーで走ったので、全員でゴールラインは踏んだが、自分自身はスタートラインには立っていない。
24505308-1-1_3570-58489_DATAx1

広島県は、しまなみ海道100kmウルトラ遠足で福山城をスタートし、島を含む広島県内を50km以上は走ったと思うのだが、ゴールは、愛媛県の今治だったので、広島県内でゴールしていないので、47都道府県走破には含めていない。
IMG

長年走っているからか、どこの大会が良かったですか?お勧めの大会は?
と聞かれることがあるのだが、どうしても、最近の印象で話してしまうことが多い。
そこで、47都道府県走破まであと4県残っているが、それぞれの地の大会を振り返ってみることにした。