青森県の大会で最初に走ったのは、東北6県の大会参加としては最も遅い2012年の弘前・白神アップルマラソンになる。
母と女房一緒に我が家から車で移動、途中、花巻温泉で一泊して参加した大会で、雄大な岩木山とリンゴ畑を見ながらのランで、最後の上り坂がきつかったが気持ちよくゴールができた。
PA070390

これがフルマラソン完走88回目の大会、車だったので産直のリンゴを山ほど買って帰った。

他に、昨年のみちのく津軽ジャーニーラン200Kは久々のロングウルトラで、制限時間39時間のところ37時間38分でゴール、92位/完走117名で、完走率は、59.69%。
IMG_0815_original

前半が予定タイムより遅かったので、寝ることができず、真夜中には夢遊病者のようにフラフラとしながら走っているのが自分でも分かったのだが、どうしようもなく辛かった。
そして、とにかくゴールまでが長かった、日中の暑さもあり何度も諦めかけたが、速いじゃなくて強くなれと自分に言い聞かせながら走ったのを思い出す。

今年は、更に竜飛岬まで行くみちのく津軽ジャーニーラン250Kに参加したが、こちらは150kmほどでリタイアしてしまったので、47都道府県走破にカウントすることができないのが残念だ。

いずれの大会も弘前市内がスタートゴールなので、下北半島側や内陸部の大会参加は皆無だ、ピンとくる大会があれば参加したいと思っている。