昨年の9月に参加して以来、久々の参加。
今回のランニング教室は、講習会と練習会の二部構成で、講習会では、川内鮮輝コーチによる「ウルトラマラソン㊙︎準備方法」と題して、ウルトラマラソン&フルマラソン対応の練習の仕方について講義があった。
49637468_776033016098366_4290376448406978560_o

週間練習スケジュールは、
1日目、距離走orロングジョグ
 15~100km、5’00”~3’25”/km、大会参加で代用も可
2~4日目、ジョギング
 5~30km、6’00”~4’30”、動きを整える・ストレッチするような感覚で気楽に・体の軸を前傾させ筋力を使わずに反発や反動を使う
5日目、スピード練習
 ~10km、3’20”~2’50”、ペース走・インターバル・変化走
6~7日目、ジョギング

ジョギングは、マラソンペースから1分以上落とすので、わたしの今の走力に当てはめると、6’50”/kmになる。
故障がちながら、ここまで落として走ったことはない。
だから、いつも似たような距離しか走れないのかもしれない、一度試してみたい。
その他、ケアの仕方、大会当日の気持ちの持っていき方など話され、最後に質疑応答が合って終えた。
とても勉強になった。

練習は3時から2時間
挨拶、体操、動きづくり、ウォーミングアップのあと、各グループに分かれての本練習だ。
49212572_776034182764916_6250730016292732928_o

今回のテーマ:マラソンシーズンの実践トレーニング
【ペース走+1000mフリー】
●乙事主チーム:10000m+1000m
 →キロ4分30秒+フリー

●猪八戒チーム:8000m+1000m
 →キロ5分00秒+フリー

●プンバァチーム:7000m+1000m
 →キロ5分30秒+フリー

●イシシチーム:6000m+フリー
 →キロ6分00秒+フリー

●ウリボーチーム(初心者)5000m+フリー
 →キロ7分00秒

わたしは梨状筋が痛むので、プンバァチームで走った。
50057649_776033542764980_6805773961419292672_o

最後のフリーは、まったくスピードにのれず不甲斐ない結果になった。
これは真剣に故障と向き合わないといけないと感じた新年早々のランニング教室だった。