富士山の次に高い山、北岳に走友たちと登った。
20代の半ばごろに登ったことがあるが、全く記憶にない。

金曜日の夜に新宿からバスに乗り、芦安の手前の仮眠所に着いたのが、12時半過ぎか、座布団を並べて仮眠し、5時に路線バスに乗り広河原に向かった。

広河原のインフォメーションセンターで持参したおにぎりで朝食、トイレは故障していたので、広河原山荘まで行った。
IMG_1856

まだ体がシャッキとしていないからか、いきなりの急坂という感じで歩き始めた。
P8030004

P8030008

P8030011

パーティの何人かは、自分も含め故障中なので、コースタイム通りなら御の字と標高を上げていった。
IMG_1886


大樺沢二股分岐からは雪渓が見える。
右俣コースを行き小太郎尾根分岐だ、思ったより高山植物は少なく感じた。
P8030014

P8030015

P8030016

P8030017

P8030019

更に30分ほどで今日の泊りの北岳肩ノ小屋に12時過ぎ、5時間ちょっとで着いた。
IMG_2958

空身になり山頂まで往復しても良かったのだが、軽い高山病、頭がもやもやしていたので止めた。
山小屋の寝るスペースは狭い、肩幅に若干の余裕がある程度で、久しぶりの狭さだった。
IMG_1903

寝たのかどうか分からない、頭もすっきりしないが、外へ出てご来光だ。
P8040028

P8040039

無理に朝食を食べて、予定より1時間ほど早く小屋を出た。

北岳山頂の景色は抜群だ、今一な体調も吹っ飛んだ。
P8040050

あとは、ひたすら下る。
P8040075

P8040086

八本歯のコルから雪渓の脇を通りながら大樺沢二股分岐。
20190804_091545

当初の予定は、白根御池小屋経由で広河原の予定だったが、疲れがあったので、昨日と同じ大樺沢沿いを下った。

予定より早く着いたので、甲府行き13時のバスにギリギリ座って乗れた。
甲府で温泉銭湯に浸かり、生ビール、実に美味かった。