東北6県の県庁所在地としては初のフルマラソンの大会開催だそうだ。
スクリーンショット 2019-10-29 20.31.17

盛岡駅近くのホテルに泊まったので、シャトルバスも出ていたが、会場まで歩くことにした。
会場は、岩手大学のなか、趣きのある建物もあった。

曇り空だが、予報は午後になったら陽射しが出るとのことだったので、防寒対策はせず、半そでTシャツにランパン、脹脛の故障が完全に癒えているのか不安だったのでゲイターも着用した。

9時にスタート。
DSC_0354

学内を出て直ぐに大学の応援団なのだろうか、昔ながらの節回しで応援歌を唄っていて、これはこれで楽しかった。
暫くは、住宅街だったり商店街だったり、官庁街を走るので、思ったよりも沿道の応援は多かった。
ただ、新幹線沿線よりも西側に行くと流石に応援もまばらになったが、なぜか応援は「ありがとう」と言う、頑張れではないのだ。
福島のいわきサンシャインマラソンを走った時も、沿道のあっちこっちで、ありがとうとと言われたのを思い出した。
被災して復興はまだ道半ばなのかもしれないが、来てくれてありがとうの言葉が身に染みた。

故障してから、走り込みも出来ず、更にそれ以前から暑さにかまけて練習していなかったので、5時間切り、あわよくば、4時間半と思っていたので、暫くは6分/kmを意識した。

10km通過が59分
20km通過が2時間20秒と想定通り、脹脛の痛みもなく、若干、足裏が痛むことがあったが、エイドで歩くと緩和された。
20kmから25kmで、20mほど標高を上げる。
更に、そこから、1.5kmほどで40mほど駆け上がると紅葉も美しい御所湖だ。
DSC_0356

走れずに歩いているランナーもいるが、ここは歩かなかった。
DSC_0360

37km附近か、左手前方に綺麗な山が見えた。
思わず沿道の方に聞いたら、岩手山だそうだ。
DSC_0362

あいにく、山頂までは見えなかったが、山すそが美しい。
しかし、この10kmはトイレ休憩も入れてだが、7分/kmの走りしか出来なかった。

雫石川沿いを走る、しばらくして40kmを通過、このままダラダラ走っても練習にならないと、ここからピッチを上げた。
中央公園がゴール、この間の2.195kmは、13分7秒。
かろうじて、6分/kmを切る速さ?で走り切ることができた。

記念メダルは南部鉄製、小さいけど重たい。
フィニシャータオル、これも小さかった。
完走証はない、自分でネットからとってくる。

振る舞いは、盛岡の三大麺、じゃじゃ麺、冷麺、わんこそばから一つ貰って食べる。
DSC_0364

DSC_0365

DSC_0366

最初知らずに、続けて食べてしまった。
制限時間ギリギリ完走の方の分まで食べてしまったか、申し訳なかった。

岩手の大会としては、北上マラソンに3回エントリーしたことがあるが、同じ10月でも初旬に行われる大会としては暑かった。
更に、この2年は台風の上陸によって中止になっていた。
そんななか、暑くもなく、台風の心配も少ないこの大会、来年は、北上じゃなくて盛岡がもっと流行るかもしれないなと思う。
でも、歴史ある北上マラソンもぜひ頑張って欲しい。