久喜市では協働で安全・安心なまちづくりの推進を図るため、ランナーによる地域見守り活動「ランニングパトロール隊」の募集が昨年11月にあった。
わたしも早速応募し、本日1月11日(土)にランニングパトロール隊の発足式が久喜市総合文化会館で行われたので走友たちと一緒に参加した。
DSC_4106

ランニングパトロール隊の活動は、人的対応としては、すれ違う人々への声掛け「こんにちは」や、ランパトすることによる不審者に対する抑止効果、物に対しては破損物や街灯の照明不良などの連絡が主なものとなる。
昨年末にもカーブミラーの故意的な破損がニュースになったり、防災無線では子供に対する大人の怪しげな行動がたまに発せられるので、これらの抑止効果は高いと思う。

公共施設などで不具合ヵ所があったら、スマホで写真を撮り、次のような画面から市役所に送信することができる。
久喜市、なかなか、やるじゃないと思った!

Screenshot_20200111-191101
発足式のあとに増田明美さんの講演があり、その後、市民ランナーの聖地化メンバーが4グループに分かれ、早速、街中にパトルールに繰り出した。
DSC_4111

DSC_4113

DSC_4115

こんにちはと声掛けすると、多くの人が、こんにちはと返してくれた、これ意外に嬉しい!

そして、これらの活動を一過性にせず継続して行っていきたいと思っている。
 
発足式にあたっての配布物はポロシャツを含むこれらでした。
DSC_4117