今週末は特に不要不急の外出は自粛なのだそうだ。
で、「不要不急」って何となく分かるけど何だと思って辞書で調べてみた。

そもそも、この熟語は、広辞林にはないようだ?
「不要」と「不急」それぞれの単語をつなげた造語なのだろうか?

ネット検索すると、唯一、実用日本語表現辞典に「重要ではなく、急ぎでもないこと。」とあった。

で、それぞれの単語を調べた。
「不要」は、必要がなく、いらないこと。と記されていた。

う~ん、どうも、「要」には「重要」と「普通の要」と二つの解釈があるようだ。

あるご老人の日課は散歩だとする。
1日の生活のなかでバランスをとっている散歩は欠かせない、つまり必要だ。
でも、重要かと問われると、なかなか判断に困ると思う・・・。
で、結果、散歩を止めて、心身のバランスが崩れたら本末転倒だ。

「不急」は、急いでする必要がないこと。と記されていた。

なんだか、「不要不急」は、「一番最初」とか「馬から落馬した」「最後の切り札」みたいな重言に聞こえてしまう。

急いでする必要がないこと、これまた、難しい。
少なくても、私らの世代では、「今日できることを明日に延ばすな」と言われて育った。
つまり、急いでする必要がなくても、今日やるのが当たり前なのだ。
それをするなとは、時代が変わったのか、状況が状況だからなのか・・・。

まぁ、別に屁理屈を言っている訳ではないが、言葉は大切にと思っているだけなのだ。

一先ず、明日は、不要不急、せいぜい、スーパーに買い物に行くだけにするか。

 
ko

特設サイト 新型コロナウィルス