「走ることについて語るときにクマの語ること」のカテゴリーへの書き込みは、7年ぶりになるか、新型コロナウィルスによる緊急事態宣言のさなか、思ったことを書いてみる。

ちなみに、このカテゴリーは、ご存知のように、村上春樹「走ることについて語るときに僕の語ること」を模範したものだ、そして、クマとは、学生時代のわたしのあだ名だ。

今現在、わたしがエントリーしたマラソン大会の中止または延期になった大会は12大会になる。

2011年3月の東北地方太平洋沖地震の際にもマラソン大会の中止は相次いだ。
わたしがエントリーしていた大会だけでも6大会が中止になったが、その後、5月末には各地でマラソン大会が実施された。
さすがに東北地方での開催はないが、それ以外では各地で開催されていった。
復興支援、絆、元気になろうとの思いが多かった。

今回のマラソン大会中止の主な理由は、ご存知のように感染防止だ。
ランナー視点では、参加者が少ないローカルな大会あるいはトレイル大会なら感染リスクは少ないと思いがちだが、大会運営には地元の方々のボランティア活動が欠かせない。
受付、走路、エイドなど様々な場面で地元の方々にお世話になっている。

たとえ少人数のランナーであっても各地から来る、多少体調が悪いからといって棄権してくれればよいが、無理して走る輩は意外に多い。
お前が云うなと言われるかもしれないが、大会参加者のマナーは以前より確実に悪くなっていると思う。
自分は感染覚悟で走るなどと言われたら目も当てられない、どうしたらうつさないかが重要なのだ。

こうなると、必然的に大会の開催は中止せざるを得ないことになってしまう。

東北地方太平洋沖地震後の大会開催は、人と人との絆だったのが、今回は人と触れ合ってはいけないと正反対なことが起きているので、これからの大会の開催判断はより一層難しくなっていくと思う。

さて、わたしは大会が大好き人間だと思っていたのだが、実は走ること自体がやはり好きなんだと改めて気づいた。
大会があれば、それに向けて練習をする。
練習内容は必然的にスタミナ強化の距離走や速さを求めるスピード走、そして筋肉の超回復や疲労抜きジョグと組み合わせる。
これは、やらなければならないと少なからずストレスに感じることがある。

ところが今、大会が無いおかげで、ある意味、自由に走っている。
速く走りたいときは速く走り、長く走りたいときには遠くへ行く、走っているうちに寄り道をしたりすると新たな発見があったりで、それは面白い。
そして休みたいときは休む。

幸い、近くに幾つかの河川と用水路があるので、その側道は人も少なく走り易い。
もちろん、散歩の人たちが皆無という訳ではないので、マスクは必須だ、今のお気に入りはバフだ、少なくてもわたしの飛沫はこれでかなり抑えられていると思う。

緊急事態宣言が終わり、新型コロナウィルスが収束をむかえ、マラソン大会が普通に開催されるようになるのだろうか?

東北地方太平洋沖地震の数年あと、いわきサンシャインマラソンを走ったことがある。
その時、沿道の地元の方たちの応援、「来てくれてありがとう」の多くの声が忘れられない、そんな声を再び聞くことができるのだろうか。

まあ、いつか開催される大会に思いをはせ、今日も走る。
 
DSC_4350
    練習コースの一つ:北側用水路