気楽に行こうよ ♪

「中年ジョガーの四方山記」、「鷲宮弦代JC」と綴ってきたブログ、またお引越し、還暦を遙かに過ぎ、一生懸命というほどの根性もなく、なるがままに・・・。

2009年01月

ペンギンも応援!

c4a15b87.jpg
 第37回宮代町新春ロードレースの5kmの部に参加してきました。
会場は、東武動物公園のなかで、動物園ゾーンと遊園地ゾーンのあいだ、ハッピーオンステージが受付で、8時半が受付終了だったのですが、自宅から会場まで走ってきたため若干遅刻をしてしまいました。
受付後に早速、動物を見に行きました。なにしろ、正式開園は10時ですし、各部のランナー全員でも500人なので当然ガラガラ397f2a84.jpg
です。まだ、出てこない動物もいましたが、あちらこちらから吠える声が聞こえてきました。

9時半に10kmの部がスタート、誰も知り合いがいるわけではなかったのですが、フラミンゴ、ペンギン、鹿の場所でランナーの応援をしました。
ペンギンなどは、羽を広げ声を出して、まるで分かっているかのような応援をしていました。

f45b4976.jpg
5kmは10時50分にスタート、年代別でいうと、わずか8人のエントリーですが、昨年までの記録をみても五十代の年代別3位で18分台と高レベルです。
正月以来の食べ過ぎと、自宅から会場までの11kmを走ってきたので、体のきれは全くありませんでしたが、まず遊園地ゾーンを回り、動物園ゾーンを回るというコース、大周り3kmと小回り2kmで思ったほど走りにくいということはなかったのですが、動物を見る機会は少なく、10kmだと4回見えたのに、次は10kmだ34c0cde8.jpg
なと思いました。

タイムは散々で、23分でしたが、冬晴れの暖かいなか面白い大会でした。
レース後に、ホワイトタイガーと当然、熊を見て帰途に着きました。

参加費は2000円で、参加賞はタオルとミカンだけですが、実はこの入園料の1500円が無料です。こんなお得な大会も珍しい、小さなお子さんと一緒なら間違いなく喜ばれます。

9a821ed0.jpg
そして帰り、東武動物園駅近く大落古利根川沿いの鰻料理の老舗「高橋屋」でウナギの天丼と生ビールで一息つき、再び自宅まで走って帰り、今日は27kmの走行距離と良い練習になりました。

最後の写真は、お土産のクマカステラ。

白岡新春マラソン伴走

 普段は体内時計で起きる。目ざまし時計の世話になることは稀なのだが、今朝は目ざましの音で目が覚めた。正月明けから連続の出張で多少疲れ気味なのだろう、しかし、今日は休むわけにはいかない。

 そう、今日は埼玉県の白岡町で開催の新春マラソンで伴走なのだ。
今日のわたしの相手は、久喜啓和寮のK君の伴走で10kmを走ってきた。スタート前には霰(あられ)が降り、そんなに早くない者は、ウィンドブレーカを着たままだったが、K君はジャージを着ていたので、ウィンドブレーカは私が手に持ってあげてのランとなった。
スタートから暫くは、スピードに乗り良いぺーすなのだが、それも1kmほどで、あとはゆっくりとなった。
沿道の応援もそんなに多いわけではないが、寒いなか熱心に声援を送ってくれる人はいる。
K君は後ろが気になるのか、さかんに首を回す、走る位置も注意しないと側溝に落ちかもしれないぐらい端による。
それでも何とか運動公園の陸上競技場のゴールが見えた。天気もなんとかもって、10kmを66分でゴールできた。

その後、みんなと分かれ、距離を稼ぐために自宅まで走って帰った。
本日の走行距離、20km、ずーとジョグペースだったが、やはり疲れた。

鷲宮神社

 先日、埼玉県内の神社の初詣参拝者数が新聞に載っていた。
もちろん一番は、大宮氷川神社の205万人だが、2位に川越の喜多院と同数の42万人で鷲宮神社だった。
昨年が30万人、さらに「らき☆すた」が知られていない時期は、6万人台だったから、この数字は凄い。鷲宮町の人口は、3万6千人台だから参道の行列が長くなることがわかる。

今日の昼過ぎにも参拝に行ったのだが、境内ではやはり並んで参拝していた。
大酉茶屋の蕎麦も売り切れで、図書館近くののんき屋で、ねぎ南蛮せいろの大盛りを食べた、鷲宮の蕎麦はどこで食べても美味いと改めて思った。

マラソン準備マラソン

立川の昭和記念公園で開催された「マラソン準備マラソン」という名の大会に参加した。
この大会の目的は、フルマラソン完走のために長距離をイーブンペースで、みんなで走り込もうというもので、30秒間隔でペースランナーがいる。

距離も最長30kmだが、5kmの周回なので体に変調を来したりしたら、途中で止めても構わない。
この大会の主催者は、マラソン完走クラブという団体だが、皆、陸上経験がある若手のサラリーマンたちで運営している。それぞれがかなりハードのな仕事をしているようだが、ライフワークバランスを心得ているようで、練習会やこのような大会を開催してくれている、まさに頭が下がる。

さて、今日は、30kmを2時間55分41秒だった。
3週間前の防府マラソンの30km通過タイムが、2時間39分49秒。その差、16分もオーバー、ちょっと練習しないとこんなに違うのかと愕然としてしまった。
やはり走った距離は裏切らないは、真実のようだ。

2009北海道マラソン

北海道マラソンの概要が発表されたと北海道の知人からブログで知らせてきた。

北海道新聞の記事を見ると、コースも制限時間も変わる、東京マラソンをかなり意識した観光マラソンの趣だ。

しかしこの大会、オリンピックあるいは世界陸上選考レースでありながら、市民ランナーも一緒に走れる、しかも市民ランナーの一つの目標であるサブフォー(フルマラソンを4時間以内で走り切る)が制限時間というところにも魅力があった。
エントリーには、どこかで4時間を切っていないと参加資格がないなど、そこがこの大会参加の醍醐味でもあった。
今まで積み重ねてきた北海道マラソン文化をそう易々と手放して良いのかとも思う、正直複雑な気持ちがする。

初詣

 大晦日の23時半前に自宅を出て鷲宮神社に向かった。
子供のころは、オヤジがやはり一人で一年の感謝と新年のお詣りに行ったものだが、こういうものは特に言われることもなく、引き継がれるようで、いつの間にか普通の行事となっている。

深夜で寒く、用水路沿いの道を行くので街灯もなく真っ暗だ、思わず走り出す。
神社まで3kmほど結局ジョギングとなった、これが走り初めだ。

5ca0dfaf.jpg
近年の「らき☆すた」ブームで、鷲宮神社も大混雑だ。
並ぶこと2時間半で、やっとお参りすることができた。芯まで冷えた体に甘酒が美味しく、手と足の先の冷え解消に再び家まで走った。
夜空の星は美しく、行きと帰りではオリオンの位置がだいぶ移動しており、かかった時間の長さを感じた。

(写真は、神社で行われていた神楽だ。)

最新コメント
ギャラリー
  • メレル ベイパーグローブ4
  • 夕張
  • 夕張
  • 夕張
  • 夕張
  • 夕張
  • 夕張
  • 北海道マラソン
  • 北海道マラソン
  • 北海道マラソン
  • 北海道マラソン
  • 北海道マラソン
  • 北海道マラソン
  • 真夏の大菩薩峠ラン
  • 真夏の大菩薩峠ラン
記事検索
アーカイブ
  • ライブドアブログ