気楽に行こうよ ♪

「中年ジョガーの四方山記」、「鷲宮弦代JC」と綴ってきたブログ、またお引越し、還暦を遙かに過ぎ、一生懸命というほどの根性もなく、なるがままに・・・。

2011年01月

第59回勝田全国マラソン

「君よ勝田の風になれ!」というフレーズが有名な勝田全国マラソンの参加は、今年で4回目になる。

ただし、前回の参加は7年前になる。その当時は、建国記念の日の2月11日が毎年の開催日だったのだが、何年か前から1月最終の日曜日に変わった。

それにしても今年で59回目の大会、十分な歴史を感じる。

この大会のスタート時間は、市民マラソンには珍しく、11時になっているので、楽に会場入りできる。しかも、ナンバーカードは事前に送付されているので助かる。

0c413d1e.jpg
会場に入ったのが、スタート1時間前の10時だった。

参加賞の完走いも(乾燥芋)とプログラムを受け取り、着替えて、荷物預けをした。

スタートは、商店街の道路。

最近は足底筋が痛むほかに左臀部が痛くなるので、事前にロキソニンを一錠飲んだ。あとの一錠はナンバーカードにテープで貼り付けて、さらに痛みが増したら飲むという算段だ。

11時にスタート、スタート地点通過まで1分20秒ほどかかった。

駅の方向にしばらく進み、左折すると大きな通りに出る。

中央分離帯を挟んでどちらの路面でも良いのだが、右側は日陰で寒く、多くのランナーが日差しのある左側に移って行った。

今日の設定タイムは27分30秒/5kmとし、厳しくても30kmまでは我慢するという事にしていた。

勝田のコースは、小刻みなアップダウンの連続になる。

調子が良い時は上手く切り返しができて気分転換になり良いのだが、本調子でない時は、これがなかなか苦しくなる。

まずは順調な滑り出しだった。

暑くないので水分を取らない、ハーフまでは三回ほど口に含む程度だった。

足底が痛み出し、ロキソニンを飲んだ。

足のバネが無くなり、右臀部が痛み出し左足大腿四頭筋が攣りそうになってきた。

25kmまでは、設定タイム通りだったが、弧線橋の登りでつい歩いてしまい、ここからドンドンとペースが落ちていった。

頑張るとすぐに足が攣りそうになる。

30kmを過ぎてからは、だいぶ歩きが多くなってきた。

39km付近でOさんに抜かれた。

あと少し頑張りましょうと声を掛けてもらったが、もう足は前に出なかった。

4時間を過ぎ、占有時間を過ぎて、ランナーは歩道を走ることになった。

もちろん、信号遵守なので、赤信号になれば待たなければならない。

最後、ゴールの石川運動広場に入った。

4時間22分34秒、ネットで4時間21分15秒だった。

男子総合順位は、4,324位。

男子の参加人数は、9,000人以上と言っていたので、こんなに歩いても半分以内に入っている、何か不思議な気分だ。

気持ちとしては、フルマラソンの方が、ウルトラマラソンよりもきついと改めて感じた。

ゴールして体が急速に冷え込む。

素早く着替え、会場を後にした。

b131804e.jpg

GARMIN Forerunner 405CX による軌跡

第39回宮代町新春ロードレース大会

 昨年に引き続き、3年連続で「宮代町新春ロードレース大会」の5kmの部に参加した。

最寄り駅は東武動物公園駅、コースは、東武動物公園の敷地内になる。

参加人数は、親子、中学生、高校生、一般男女、壮年男女の部で、1,000人ほどだそうだ。

10kmの部が10時にスタート、その5分後に5kmのスタートになる。

351d28c4.jpg
8時半過ぎに着いたので、ナンバー引き換え後、アップを兼ねて、動物園舎巡りをした。

まだ開園前なので、あちらこちらで、吠える声が聞こえる。

まずは、この動物園で有名なホワイトタイガーを見る。

16480bd8.jpg
その後、ダチョウ、ペンギン、アシカ、猿山などを見て回ったら、うっすらと汗をかいてきた。

5kmのコースは、公園内を2周するもので、道路幅はそれほど広くないが、参加人数が少ないので混むことはない。

416196c3.jpg
故障中なので昨年と同じタイムは難しいかと思うが何とかそれに近いタイムと思っていたが、現実は厳しい。

昨年より25秒遅い、24分21秒。壮年男子50歳代の部10位だった。

昨年もそうだったが、GARMIN405CXの距離計測では、5.3kmになった。公認大会でもないし、GPSの精度がどの程度かも分からないが、5km以上はあると思う。

ただ、定点観測みたいなものなので、コースはいじらないで欲しいと思っている。

 

自宅から宇都宮線、東武線を乗り継いでも30分かからないので参加しやすい大会だ。

参加費は、2,000円と安い、しかも、この参加費で、公園内の入場料1,500円を含んでいる。

エントリーはネットで出来ないので、昨今のランニングブームであっても楽だった。正直、この程度の規模で運営してくれると嬉しい。

家族と一緒なら、園内でのんびりするところだが、今日は一人だったので、そうそうに帰った。ただ、練習を兼ねて、自宅までジョグ、10kmほどで丁度良い距離だった。

54f1570b.jpg

GARMIN Forerunner 405CX による軌跡

第21回白岡町新春マラソン

 第21回白岡町新春マラソン大会に参加した。

参加したと言っても、例年通り、久喜啓和寮のK君の伴走で10kmを走った。

昨年末の加須こいのぼりマラソンもボランティアの予定だったが、奈良マラソンに参加したため今シーズン初、久しぶりのボランティアとなった。

昨年は、太陽がでて風も弱く、遅いランナーでも寒さを感じることはなかったが、今年は、朝起きた時は雪が舞っていた。ただそれも間もなく止み、青空が広がってきたが風があり寒さは厳しかった。

東北自動車道を横断する弧線橋あたりで、後ろから消防団の若者たちが掛け声をかけながら迫ってくる。

K君は、だいぶ気になっているようで、何度も後ろを振り返る。

いつもの通り、最初の飛ばし過ぎでスピードがどんどん遅くなってくる。

あごが上がり、腕ふりができず手を腰に当てている。

それでも消防団の人たちには追い越されたくないという気持ちが伝わってくる。

そこに故障中の走友Yさんが、声をかけてきた。

そこからは、二人でK君を励まし、キロ7分台から6分台前半まであげて、粘り、見事に1時間3分30秒でゴールした。

消防団の方々も追い抜く気はなかったと思うが、絶妙の距離で迫ってくるので、K君にとっては良いモチベーションになったと思う、感謝。

その後は、TさんYさんと白岡駅近くのラーメン屋でビールで乾杯、プチ新年会となった。

687721ab.jpg

GARMIN Forerunner 405CX による軌跡

 

最新コメント
ギャラリー
  • メレル ベイパーグローブ4
  • 夕張
  • 夕張
  • 夕張
  • 夕張
  • 夕張
  • 夕張
  • 北海道マラソン
  • 北海道マラソン
  • 北海道マラソン
  • 北海道マラソン
  • 北海道マラソン
  • 北海道マラソン
  • 真夏の大菩薩峠ラン
  • 真夏の大菩薩峠ラン
記事検索
アーカイブ
  • ライブドアブログ