気楽に行こうよ ♪

「中年ジョガーの四方山記」、「鷲宮弦代JC」と綴ってきたブログ、またお引越し、還暦を遙かに過ぎ、一生懸命というほどの根性もなく、なるがままに・・・。

2012年09月

第16回武蔵野アクアスロン大会

9月8日(土)にアクアスロン大会に参加した。

昨年からエントリーが抽選になったが、運よく今年も当選し、参加できることになった。

74df0554.jpg
武蔵野アクアスロン大会は、武蔵野プールと武蔵野陸上競技場で行われる。スイミングが50mコースの屋外プールを使い、5往復して500mになる。プールサイドのトランジションエリアでナンバーを付けたシャツを着てシューズを履き、スイムタイム計測後に陸上競技場のトラックで3.4kmを走る。

トラックは周回ではなく、折り返しになる。

折り返しのたびに輪ゴムを手首にかけてもらい、その輪ゴムが4本になったところで、ゴールに向かうことになる。

今週は気温が高かったのだが、この日はの屋外プールの水は少し冷たさを感じた。

af99963e.jpg
11時10分過ぎにスタート、スイムの注意点は、飛ばし過ぎと追い抜きあるいは追い越される際の息継ぎだ。

飛ばしすぎて、息切れしてしまったら、もうそれで終わり、ひたすらもがくことになる。

また、他の泳者とぶつかりざまに息継ぎすると、これまた大変なことになる。

練習不足は否めない。なにしろ、8月になって、1,000mを2回しか泳いでいないのだ。

やっと、5往復し、プールからあがり、Tシャツを着てシューズを履いた。

16635e83.jpg
走り始めは、スイミングと違う動きなのでぎこちなさが残るが、それもすぐに慣れた。

走友の応援もあり、頑張るが苦しい、なかなかスピードにのれない。

ラストもスピードを上げたかったが、あがらずにそのままゴール。

密かに年代別1位を狙っていたのだが、スイムにランと昨年よりもだいぶ遅いタイムなのでダメだ。

13時過ぎからの表彰式で結果が分かるのだが、走友宅でバーベキュー。

早々に武蔵野体育館をあとにした。

モエレ沼公園

 彫刻家のイサム・ノグチが設計したことで有名なモエレ沼公園、毎年、北海道マラソンに参加するたびに気になっていたのだが、ついに行くことが出来た。

e84ce918.jpg
公園には、地下鉄東豊線の環状通東駅から路線バスで、モエレ公園東口バス停で降りる。
バス停からは、モエレ山が見える。
公園に入るのに料金は掛からないが、敷地が広いので、レンタサイクルで2時間200円で自転車を借りた。

132ed464.jpg
モエレ沼の橋を渡ると左手前方にモエレ山だ。
高さが50mとはとても思えない雄大さがある。
自転車を置いて一気に登った。
頂きは360度の展望だ、なんとも気持ちが良い。

c02252e2.jpg

 

99c0756b.jpg
次に向かったのが、プレイマウンテンだ。
石を積んだピラミッドのようで、ここも一気に登る、モエレ山とは違った展望が臨める。
夏の日差しはあるが、風が気持ち良い。

ad7ab55d.jpg

ペダルをこぎ公園内を巡る。
テトラマウンドでは、誰もいないので、デジカメ自分撮りをした。

ba19124d.jpg
カラマツの林のなかに海の噴水がある。
13時15分、ちょうど噴水を始めたので、向かった。
水が雄大に吹き出し涼しい。

46b63ab3.jpg

 

帰りの時間もあるので、名残惜しいが、ガラスのピラミッドを見て公園を後にした。
この公園は良いところだ、季節が変われば様相も一変するのだろう、また訪れてみたいと思う。

北海道マラソンの前日

マラソン大会の前日は、本当は大人しくしていないといけない。
58a91240.jpg
だが、やはり、少しは町のなかを散策したいと思い、まず行った先が、北海道神宮だった。
500円で地下鉄乗り放題のドニチカ切符で円山公園下車、園内までは直ぐだ。
森の中に入ると、いくぶん暑さもやわらぐ。
神宮本殿に行くまでの参道沿いには、境内社として、北海道開拓の功労者をお祀りする開拓神社。
鉱山殉職者を慰霊する札幌鉱霊神社。北海道拓殖銀行に由来する穂多木神社があった。

303f7b3c.jpg
境内では、ジョガーが走り、リスも走っていた、なかなか良い場所だ。

神宮を後にして行った先が、北海道立近代美術館。
ちょうど、東山魁夷展が行われている。

77b00ef6.jpg
毎年、東山魁夷のカレンダーを飾っているのだが、これだけの絵画を鑑賞することはなかなかできない。
明日は、マラソンなので体育会系、今日は、文科系と悦に入った。

7b14fb4e.jpg
最寄駅は地下鉄西18丁目、ここは、生ラムジンギスカンが美味しい「ケケレ」がある。
ランチタイムがあるというので、行ってみた。
昨年、打ち上げで一緒したSさんとマラソン談義をしながら、食した。

db79838b.jpg
札幌グラウンドホテルのナンバー受付は、混んでなく、直ぐに終えることが出来た。

596f1bda.jpg
次に向かったのが、「千歳鶴」酒ミュージアム。
15時から蔵見学ができるというので、試飲したり、甘酒ソフトを食べながらうろうろとした。
蔵は、ミュージアムの目の前、3階から降りて行きながら説明を受け見学をした。

243b76a5.jpg
見学を終える頃、明日、一緒に走るNさんが近場にいるからと来てくれ、ホテルまで送ってくれた。
さすがに、一日中歩き回ったのでかなり疲れた。
結局、この欲張った行動が翌日のタイムに表れたわけだが、札幌の街を散策する、こんな時間が好きなのだ。

11b25271.jpg
夜は、SUAGEの夏野菜スープカレーに生ビールで一夜漬けのカーボローディング。
今までの昼スタートから朝スタートに変わったので、深酒はできない、早々にホテルに帰った。

北海道マラソン

8月26日、今年で14年連続の参加になる。

52234548.jpg
参加し始めたころは、オリンピックや世界陸上の代表選考レースだったこともあり、この大会に出るのがとても楽しみだった。
それが、ゴールが大通公園になり制限時間が5時間になった。
今年は、スタートも中島公園から大通公園になり、スタート時間が12時10分だったのが、9時のスタートになった。
ある意味、ごく普通の市民マラソンになってしまった。

それでも参加するのは何故か?

ここに来るとリフレッシュできる何かがあるのだろうと思う。

8時ごろ、ホテルを走る格好のまま出て、そのまま大通公園に向かった。

8時半には指定されたBブロックに並ぶ。

朝にも関わらず日差しが強い、立っていると消耗しそうなので縁石に座ってスタート時間を待った。

テレビ塔の時計表示が10秒前にカウントダウンに変わり、居並ぶランナーたちが秒読みを始めた。
9時丁度にスタート、まずは昨年までのスタート会場、中島公園をめざし順調に足を運んだ。

それにしても暑い、ここは本当に札幌なのか?

スタート時の気温が朝にも関わらず、29度だ。
秋マラソンに向けた前哨戦という位置づけで、キロ6分ペースの予定だったが、早くも15kmあたりで怪しくなってきた。

105c0fee.jpg
18km付近では、今年も温泉マンさんがデジカメ撮影しながら応援してくれた。いつもいつも暑い中、いつ来るか分からない私を待っていてくれている、本当に感謝しきれない。

やはり、足が重い。20kmでは、もう、6分/kmペースが維持できなくなってきた。

いつも思うが、この新川通は長くて辛いコースだ。

47442d93.jpg
折り返して、再び温泉マンさんに会った。

暑さと疲れで、立ち止まり、初マラソンのNさんの状況を聞いた。関門通過が表示されないという。

走りながら歩きを入れて前に進む。

エイドでは、氷を貰い、帽子の中に入れて冷やす。フォームは滅茶苦茶で、頭が右に傾き体が横に揺れるように走った。

北海道大学に入り、40km地点での給水。

ここで、スポーツボランティア研究会の仲間である東海大学のS教授と会い、しばし立ち話をした。

あと、2kmほど、ここで、また、走り始めた。

d443872b.jpg
JRをくぐり、道庁を横に見て、大通公園に入ったところで、再び温泉マンさんに声を掛けられた。
ここにいるとは知らされてなかったので、驚いたが嬉しかった。

そしてゴール、タイムは、昨年よりさらに遅く4時間55分だった。

25478fb9.jpg

最新コメント
ギャラリー
  • みちのく津軽ジャーニーラン177k その3
  • みちのく津軽ジャーニーラン177k その3
  • みちのく津軽ジャーニーラン177k その3
  • みちのく津軽ジャーニーラン177k その3
  • みちのく津軽ジャーニーラン177k その3
  • みちのく津軽ジャーニーラン177k その3
  • みちのく津軽ジャーニーラン177k その2
  • みちのく津軽ジャーニーラン177k その2
  • みちのく津軽ジャーニーラン177k その2
  • みちのく津軽ジャーニーラン177k その1
  • みちのく津軽ジャーニーラン177k その1
  • みちのく津軽ジャーニーラン177k その1
  • みちのく津軽ジャーニーラン177k その1
  • みちのく津軽ジャーニーラン177k その1
  • みちのく津軽ジャーニーラン177k その1
記事検索
アーカイブ
  • ライブドアブログ