気楽に行こうよ ♪

「中年ジョガーの四方山記」、「鷲宮弦代JC」と綴ってきたブログ、またお引越し、還暦を遙かに過ぎ、一生懸命というほどの根性もなく、なるがままに・・・。

2016年01月

館山若潮マラソン

 2002年から5年連続で参加していた大会で、10年ぶりの参加となった。
前日は横須賀の実家に泊まり、当日は久里浜から東京湾フェリーで金谷まで行き、浜金谷からJRで館山駅まで乗り、シャトルバスで会場近くまで行った。
以前の参加の時は、金谷港からシャトルバスで直接、会場入りできたので、だいぶ時間が掛かってしまった。

どんよりとした空のなか、ナンバー受付をして 着替えることにした。
Tシャツは、先日買った久喜マラソンのものだ。
このTシャツを着たら、早速、久喜マラソン出るよと声を掛けられてビックリした。
56

10時にスタート、スタートラインの通過に3分57秒掛かった。
19

臀部と足裏にはテーピング、さらにサポートタイツなので走り始めは痛みが出なかった。
5km10kmと足を進めるが、まだ大丈夫、 違和感はあるが痛みではない。
それにしてもコースは変わっていないが、こんなにアップダウンがあったかな?と思いながら走った。
右手後方、海の向こうにはうっすらと大島が見えた。
12592660_944416968969772_7870537320227830198_n

ハーフ辺りで、足裏の痛みがひどくなってきたので、エイドで水をもらい、痛み止めを2錠飲んだ。
今月は短い距離しか練習していないので、スタミナ面での不安があったが、給水では止まるものの、歩かずに走っていられた。
ただ、後半は6分/km以上のペースになってしまった。
以前は壁のように感じた登坂もなんなく走れて、コースが変わってしまったのかと錯覚した。
12654488_944556372289165_7636842137517451318_n

再び、海沿いに出てあとはアップダウンを繰り返しながらゴールを目指す。
スピードが落ちてきたからだろうか、少し寒さを感じる。
呼吸は苦しくないし、筋肉疲労も感じないのだが、足が前に進まない、そのもどかしさを感じながらゴールした。
12647475_944434588968010_1222538022650231698_n

4時間19分08秒(4時間15分11秒)と、この2年間で一番良いタイムだった。
この大会の距離を入れても200kmに満たない練習なのに不思議だ。
しいて言えば、最初からゆっくりペースで走ったのが良かったのかもしれないと思っている。

帰りは、走友たちと、JR車内、フェリー乗船で飲み、最後は久里浜でマグナムを飲んで楽しんだ。
早朝から充実した一日が過ごせて気持ちも晴れやかだ。
それにしてもマラソンは面白い、少し学んだような気がする、ゆっくりだが練習に生かしたいと思っている。
 

 

川内鴻輝ランニング教室

昨日、杉戸町新春マラソンを走り終え、向かったのが久喜市の青葉公民館。
ここで開催の川内鴻輝ランニング教室に始めて参加した。
今回で6回目の開催、以前から気にはなっていたのだが、マラソン大会などと重なってなかなか参加の機会がなかった。

川内鴻輝さんは、最強の市民(公務員)ランナーと言われている川内優輝さんの弟さんで、20年ほど前、近くの公園でお母さん指導のもと走っているのを何度も見た記憶がある。
その時は、走らされている感じがしたので、ランニングが嫌いにならければ良いな~と思ったのだが、そんな事にはならなかった。

ランニング教室の参加費はその都度で、1,000円。
参加者は、老若男女、子供も何人かいるくらいで、ランニング初心者からベテランまで様々だと感じた。
前半の1時間は座学でトピックスとテーマだ。
今回のトピックスは、川内さんがケニアに行った際の話題を面白く話してくれた。
テーマのほうは「疲労回復&怪我予防方法」、巷でよく言われることそのままなのだが、言葉で聴くと改めて気づくこともあった。
20年以上走っていると、惰性感が増し、若いころにはちゃんとやっていたことが今はないがしろになってしまっていたなと実感した。

後半は、公園でのランニング教室。
疑問点などあれば教えてもらえるが、基本的にはジョギングを周回重ねていくものだ。
動きづくりなどもう少しバリエーションがあっても良いと思うのだが、様々な走力の人に対してコーチが川内さん一人では如何ともしがたいのは分かる。
まずは、いろんな人たちに走る楽しさをと考えているのだろう、そう意味では、市民ランナーの聖地化プロジェクトというのも頷けた。

この教室の情報発信はFacebookで ↓
市民ランナーの聖地化プロジェクト-川内鴻輝ランニング教室

そして、勢いで、こんなTシャツを買ってしまった。
これを着て練習すれば、地元の仲間が増えることは間違いないと思う。
11

これからも応援していきたいと思っている。
 

 

杉戸町新春マラソン

ほぼ10年ぶり2回目の参加、前回は自宅から走って会場入りしたが、今回はJRと東武線だった。
それでも徒歩を含めて40分ほどと意外に近かった。

寒波による雪が心配だったが、陽ざしがあり、ほのかに暖かい。
ゲストランナーは、NHKの気象情報のキャスター平井さん井田さんだった。
10年前も平井さんがゲストだったが、毎年参加だそうだ。
 22

16

10kmのコースはだいぶ変わった。
前回は、杉戸小学校周辺を2周回だったと思うのだが、 田園風景が広がる大きなコースになっていた。
事前案内では、カーブが多く慎重にとの話だったが、特に危ないことはなかった。
sugito

最近、5分30秒以内で走ったことがないのに、最初の1kmが5分10秒と速すぎて早くも息切れがして少し緩めた。
暫く走っていると呼吸も楽になってきたので、臀部と足底筋が痛まないようにフォームを意識して足を進めた。

久しぶりの10kmは、タイムはともかく、なかなか爽快だった。
最近は大規模大会ばかりが目立つが、小学校の校庭が会場で、しかも32年も続いている大会、大切したいと思った。

15

日光街道の杉戸宿は今年、開宿400年だとか・・・。
 


白岡新春マラソン

今年で14回目の参加、そのうち障がい者伴走では8年連続となる。

今回の伴走はMさん、10年ぐらい前にはよく一緒に走ったのだが、ここ最近では久しぶりだ。
その当時はけっこうな走力だったので、ちょっと心配したが、お互いに歳相応なのか、ゆっくりペースで走ることができた。
距離は10kmだが、以前のコースとだいぶ変わっていたので驚いた。

例年なら走友がいて、ゴール後はどこかで一献だったのだが、 アキレス腱を切ってしまっていて不参加、しかたないので、おとなしく帰宅した。
 

下野市天平マラソン

2012年に参加してから5年連続の参加、宇都宮線小金井駅からシャトルバスで会場入りなので、都内の大会よりも楽ちんです。
18

ハーフの部は10時にスタート、コースは田園地帯を2周回で変わらなかったが、向こうに見える男体山の雪がだいぶ少ないのが分かり、雪が降っていないのを実感した。

テーピングをせずに走ったが、臀部も足底筋も特に痛まなかったので安心した。
タイムは、1時間56分39秒と昨年よりも少し落ちたが、正月明けなのでこんなもんだろう。
もう少し走りこんで、どこかの大会で50分を切りたいと思っている。

ゴール後のかんぴょう汁は、長蛇の列であきらめた。
その後、高校時代の同期が近くに住んでいるので、駅近くのファミレスで飲んだのだが、その時間のほうが遙かに長時間だった。



難波宮

大阪出張、時間があったので、大阪城公園からNHK大阪放送局の方に歩いていたところ、難波宮(なにわのみや)が出くわした。
正直、こんな遺跡があるとは知らなかった。 

大阪歴史博物館では、地下に残る遺構を見ることができる。
そして、ふつうは高速道路は高架になっているのだが、阪神高速道路の法円坂あたりでは、高架から地表へと下り、しばらくして再び登っている。
これは、 高架の柱を立てようとすると、地下に基礎工事をしないといけなく、遺跡を壊してしまうおそれがあるということで、難波宮遺跡の保護のため、この辺りでは、地表面を走っているということだった。
46

まだまだ知らないことが沢山あるんだな~。
 

伊勢神宮参拝

一昨年の秋に参拝して以来だから、1年とちょっと過ぎたところか、今年も、御垣内特別参拝ができるので、正装、背広にネクタイで出かけた。

外宮では、大臣が来るということで、足止めをくったが、総理大臣ではセキュリティ面からも致し方ないか。
ただ、足止めのお詫びなのか、首相は ほぼ全員に握手をして回りそれなりに気配りをしていた。
53

内宮は翌日に残しておいて、おはらい町に向かった。
いつものお約束通り、立ち飲み、これが実に美味いのだ。
22
 

 
最新コメント
ギャラリー
  • メレル ベイパーグローブ4
  • 夕張
  • 夕張
  • 夕張
  • 夕張
  • 夕張
  • 夕張
  • 北海道マラソン
  • 北海道マラソン
  • 北海道マラソン
  • 北海道マラソン
  • 北海道マラソン
  • 北海道マラソン
  • 真夏の大菩薩峠ラン
  • 真夏の大菩薩峠ラン
記事検索
アーカイブ
  • ライブドアブログ