気楽に行こうよ ♪

「中年ジョガーの四方山記」、「鷲宮弦代JC」と綴ってきたブログ、またお引越し、還暦を遙かに過ぎ、一生懸命というほどの根性もなく、なるがままに・・・。

2018年10月

上州太田スバルマラソン

昨年の大会は台風で中止だったので、一昨年に続いて2回目の参加だ。
8月末の北海道マラソンから、榛名湖マラソン、北上マラソンと続けて台風で中止になったので、ほぼ2ヶ月ぶりの大会参加となった。

そして、9月の初めに西湖で練習をした際に軽い肉離れを起こし、自重しながらも走っては再発を繰り返し、白内障の手術もあって、この2ヶ月の走行距離は相当少なかったので、不安とワクワク感が相半ばだった。

120分と書かれた掲示の後ろに並び、8時にスタート。
2018-10-28 07.50.05

肉離れが再発しないようにテーピングし、練習量も少ないことから、キロ6分で刻むことにした。
応援は少ないが、アップダウンは少なく直線コースなので走り易い。
s

フォームを意識して走る。
膝の不安もあったので、着地時間を短くしようと心がけた。
ラップを刻んでいく、ほぼ想定通りのタイムで走り切ることができた。
2時間06分36秒
2018-10-28 16.07.51

計ったような正確さだ、キロ6分のラップでトータルでの誤差1秒以下とは、自分でもびっくりだ。

走り終えて、肉離れの個所の痛みはない。
走っている最中にお尻が痛み出したが、これも走後はないので一安心だ。
フルマラソンの大会まであと1ヶ月ちょっと、なんとか歩くことなく完走できるレベルに仕上げたい。


埼玉県(その1):47都道府県の大会

実家は神奈川県だが、社会に出てからは転勤と海外赴任を除けば、ずーっと埼玉県に住んでいる。
必然的にマラソン大会の完走は131大会と他の県に比べて圧倒的に多い。

ウルトラマラソンが5大会
フルマラソンが9大会
ハーフマラソンが40大会
10mileが11大会
10kmが34大会
5kmが25大会
その他、トラック、クロカン、トレイル、リレーマラソンなどの大会を完走しているので、埼玉県だけで、一通りの大会は完走したことになる。

PBの大会も、5km、10mile、ハーフマラソンと三つの大会で記録している。
1999年2月 はすだシティマラソン 5km 20分07秒
2000年4月 幸手さくらマラソン 10mile 1時間14分27秒
1999年2月 熊谷さくらマラソン ハーフ 1時間34分28秒

この頃は50代手前で、大した練習もせずに勢いで走っていた。
順位も参加者の1/3位の位置、今では3/4ぐらいの位置だから隔世の感ありだ。

完走した大会は131大会だが、このうち42大会は障がい者伴走で走っている。
ハーフマラソンが3回、10mileが3回、10kmが20回、5kmが9回、3kmが2回になる。
残り5大会は記録を取っていなかったので何キロか、今となっては分からない。

そして、今では消滅してしまった思い出深い大会が幾つもある。
フルマラソンでは、「彩の国さいたまマラソン」を2回走った。
2001年2月の時は、3時間56分59秒で走った。
残念ながら、マラソンブームが来る前に大会はなくなってしまった、現在のさいたま国際マラソンよりも数倍良い大会だったと思う。

ハーフマラソンだと、騎西町(現在の加須市)の「ふじの里マラソン」、用水路沿いを走る地味な大会だが近いということもあり参加しやすかった。

5kmだと、「宮代町新春ロードレース」か、東武動物公園のなかを走る大会で、開園前に参加者と応援の人が同時に入場する分には入園料は無料、開演前の動物舎を見ながらアップできるので、なかなか面白かった。
他に幾つもあるが、割愛する。

やはり、参加した大会が多い分、思い出も多い。
埼玉県は、2回に分けて書くことにしよう。

この写真は、2001年12月の「加須こいのぼりマラソン」ハーフのゴールシーン。
女房と一緒に走りゴール、当時は雑誌ランナーズが毎号、どこかの大会のゴールシーンを掲載していて、たまたま載ってしまった写真だが、やはり思い出深い。
kazo_koinobori2
 
ランナーズのこの号は取っておくつもりだったのが、いつの間にかなくなってしまった。
おそらく廃品回収に出してしまったのだろう・・・。
 








最新コメント
ギャラリー
  • メレル ベイパーグローブ4
  • 夕張
  • 夕張
  • 夕張
  • 夕張
  • 夕張
  • 夕張
  • 北海道マラソン
  • 北海道マラソン
  • 北海道マラソン
  • 北海道マラソン
  • 北海道マラソン
  • 北海道マラソン
  • 真夏の大菩薩峠ラン
  • 真夏の大菩薩峠ラン
記事検索
アーカイブ
  • ライブドアブログ