気楽に行こうよ ♪

「中年ジョガーの四方山記」、「鷲宮弦代JC」と綴ってきたブログ、またお引越し、還暦を遙かに過ぎ、一生懸命というほどの根性もなく、なるがままに・・・。

2019年01月

館山若潮マラソン

3年ぶり7回目の参加。
前日、横須賀の実家に泊まり、当日早朝、久里浜から始発のフェリーに乗り、金谷港に向かう。
乗客は、ランナーかゴルファーだ。
金谷港から徒歩でJR浜金谷駅、館山駅までは直ぐだ。
昔は、金谷港からシャトルバスがあったのだが、今はない。

ナンバー受付は、スマホのQRコードの提示で済むのが楽ちんだが、この時にもらったガイドブックや近隣施設の特典などは、風が強く、見る暇はない・・・。

コースは、海沿い近くを23kmほど走り、内陸部に入り、33km地点で再び、往路途中の海沿いのコースに戻る。
この間、結構なアップダウンを繰り返す。
IMG_20190128_0001

強風のなか、4時間から4時間半のブロックの真ん中あたりに並び、10時にスタート。
スタートラインまで、3分56秒掛かった。
混んでいて、走りずらい、体も重たい。
スタート地点の順位が3,495位、10km地点が2,993位だから、500人抜いたことになる。
もうちょっと前に並んだ方が良かったか。
そして、何回も走っているコースなのに、こんなにアップダウンがあったかなと思う。

エイドでは、パン、バナナ、イチゴ、飴を頂いた。
20km手前から、足底筋が痛み、我慢したが、痛みが増したため、ロキソニンを1錠飲んだ。
あまり痛みは引かなかったが、何とか走る、歩いたら負けと肝に銘じた。

30kmからの急坂はそれほど感じなかった。
海に出ると、もう距離は9kmほど、先が見えてきて楽になる。
ただ、海沿いなので遠くのゴール近くの施設が見えるのだが、走っていてもなかなか大きくならない。

ラスト2.195kmは少し頑張ってゴール。
タイムは前回より悪かったが、梨状筋と足底筋の痛みがあるなかでは上々の出来だと思う。
2019-01-27 14.27.35-1

走友たちと館山駅で飲み、フェリーでも飲み、久里浜に戻って、マグナムを飲む、いやー長い1日だった。
2019-01-27 19.33.21
 
 


フロストバイトロードレース

4回目の参加だが、前回はもう10年以上前の参加、昨年の横田駅伝が良かったので走りたくなったのだ。
走友たちと牛浜駅で待ち合わせて、横田基地へ。
50244646_2158471954174539_3442060127580979200_n

入場ゲートで、身分証明書の確認と荷物検査を受けて、入った。

コースは、だいぶ変わっており、今年は2周回のコースだ。
yokota

スタートブロックはEブロック、スタートライン通過に4分39秒も掛かった。
2019-01-20 11.04.12

友人たちと参加しているランナーが多いのだろう、なかなかの混雑ぶりで前に進みづらいが、これも人気大会ゆえなのだろう、致し方ない。
それでも徐々に空間ができて、ストレスなく走れるようになったのは、5kmほど過ぎてからだった。
ただし、梨状筋の痛みは相変わらずなので、そう飛ばすことは出来ない。

基地ということもあり、応援は少ないが、折り返しが数か所あるので仲間を探しながらのランもまた楽しい。
2019-01-20 12.37.57

滑走路を横断して、暫くすると、飛行機があり、ここで多くのランナーが写真を撮っていた。
2019-01-20 12.38.55

2019-01-20 12.39.49

2周回目では、割と調子よく走れていたのだが、ラスト2kmほどで、臀部の違和感が増したので、スピードダウン、大事に至らずにゴール。

着替えもそこそこに立川まで移動して、走友たちと焼肉だ、久々のマッコリが実に美味かった。

そして、これが参加賞のトレーナー、どうも私には似合わない・・・。
2019-01-21 16.49.16
 


松戸市七草マラソン

昨年に引き続き2回目の参加。
今回が64回目の開催と歴史ある大会なのに久々にスタート直後のトラブルに遭遇した。
2019-01-13 10.13.51

10時15分に10kmの部がスタート、トラックを半周ほどして外に出るのだが、なぜか先頭集団がそのままトラックの周回を走り、その後、あわてて戻って来た。
トラックから出る時と更に道路に出る時にランナー同士がぶつかり大渋滞となった。

前回の時と1kmのタイム差を確認したところ1分20秒ほど多く掛かった。
まぁ、私の場合は、正月太り解消&走友たちとの新年会を兼ねているので、気持ちよく走れれば問題ないが、タイムを狙っていたり入賞を狙って参加したランナーたちは災難だったと思う。

このコースは、10kmながら、その累積高低差は100mほどになるので、小刻みに登っては下りで、結構ハードなコースになっている。
坂好きにはたまらないコースだろう。

年末から梨状筋の痛みが増しているなか、テーピングをして走り切れたので良かった。
もちろん、昨年よりだいぶタイムは遅いが、走り終えても臀部の痛みが増すことがないのが救いだ。

そして、12時過ぎから走友たちとの新年会は寿司屋、レアなウィスキーに日本酒とあっという間に時間が過ぎ、二次会を終えて外に出たときは暗く、5時間ほど経っていたことになる。
2019-01-13 12.29.19

2019-01-13 12.26.43
 

第39回川内鴻輝ランニング教室

昨年の9月に参加して以来、久々の参加。
今回のランニング教室は、講習会と練習会の二部構成で、講習会では、川内鮮輝コーチによる「ウルトラマラソン㊙︎準備方法」と題して、ウルトラマラソン&フルマラソン対応の練習の仕方について講義があった。
49637468_776033016098366_4290376448406978560_o

週間練習スケジュールは、
1日目、距離走orロングジョグ
 15~100km、5’00”~3’25”/km、大会参加で代用も可
2~4日目、ジョギング
 5~30km、6’00”~4’30”、動きを整える・ストレッチするような感覚で気楽に・体の軸を前傾させ筋力を使わずに反発や反動を使う
5日目、スピード練習
 ~10km、3’20”~2’50”、ペース走・インターバル・変化走
6~7日目、ジョギング

ジョギングは、マラソンペースから1分以上落とすので、わたしの今の走力に当てはめると、6’50”/kmになる。
故障がちながら、ここまで落として走ったことはない。
だから、いつも似たような距離しか走れないのかもしれない、一度試してみたい。
その他、ケアの仕方、大会当日の気持ちの持っていき方など話され、最後に質疑応答が合って終えた。
とても勉強になった。

練習は3時から2時間
挨拶、体操、動きづくり、ウォーミングアップのあと、各グループに分かれての本練習だ。
49212572_776034182764916_6250730016292732928_o

今回のテーマ:マラソンシーズンの実践トレーニング
【ペース走+1000mフリー】
●乙事主チーム:10000m+1000m
 →キロ4分30秒+フリー

●猪八戒チーム:8000m+1000m
 →キロ5分00秒+フリー

●プンバァチーム:7000m+1000m
 →キロ5分30秒+フリー

●イシシチーム:6000m+フリー
 →キロ6分00秒+フリー

●ウリボーチーム(初心者)5000m+フリー
 →キロ7分00秒

わたしは梨状筋が痛むので、プンバァチームで走った。
50057649_776033542764980_6805773961419292672_o

最後のフリーは、まったくスピードにのれず不甲斐ない結果になった。
これは真剣に故障と向き合わないといけないと感じた新年早々のランニング教室だった。
 

最新コメント
ギャラリー
  • メレル ベイパーグローブ4
  • 夕張
  • 夕張
  • 夕張
  • 夕張
  • 夕張
  • 夕張
  • 北海道マラソン
  • 北海道マラソン
  • 北海道マラソン
  • 北海道マラソン
  • 北海道マラソン
  • 北海道マラソン
  • 真夏の大菩薩峠ラン
  • 真夏の大菩薩峠ラン
記事検索
アーカイブ
  • ライブドアブログ