気楽に行こうよ ♪

「中年ジョガーの四方山記」、「鷲宮弦代JC」と綴ってきたブログ、またお引越し、還暦を遙かに過ぎ、一生懸命というほどの根性もなく、なるがままに・・・。

2020年03月

災い転じて福となす

新型コロナウィルスの影響で、エントリーしたマラソン大会が6つも中止になった。
4月5月の2大会もほぼ中止だと思っている。

例年この時期はシーズンということもあり、毎週のように大会を走っている。
走るのが好きというより、大会参加が好きだと思っていた。
今は、毎週の大会がないので、近場の公園などを練習で走っているのだが、走るのが楽しい。
大会参加も好きだが、そもそも走るのが好きだったのだと思い返した。

毎週のように大会を走っていると、月曜日から金曜日までは、疲労抜きジョグやつなぎのジョグで費やし、土曜日は休足日として過ごしていた。
それが、大会がないと、自由に走れる。
基本的には、長距離走+ジョグ+スピード走を日によって変えて走ることができる。
しかも、疲れがあると思ったら休めるし、調子が良かったら少し距離を延ばす。
この適度に適当なサイクルがストレスの解消にもなり心地よい。
もちろん、この状態で大会を走ったらと思うことは多々あるが、今のこの状況では致し方ないだろう。

そして思わぬ効用も出てきた。
体重が減り始めている。
月間走行距離は、200km超で、従前とさほど変わらないのだが、大会の前だとカーボローディングするし、ゴールすればご褒美でたらふく食べる。
それが、練習の日々だと、食べる量も質も大して変わらない。
結果、徐々にだがウェイトが減り始めたのだと思う。

新型コロナウィルスの影響で大会に参加できないのは残念だが、この状況のなかで、新たなことや、振り返りがあって、それはそれで今後のランニング人生において、糧となったのだと思っている。

多少、使い方が間違っているかもしれないが「災い転じて福となす」じゃないのかな。

1574600009196
昨年のつくばマラソン、今、少なくても1kg以上は減量しているはず。
 




不要不急

今週末は特に不要不急の外出は自粛なのだそうだ。
で、「不要不急」って何となく分かるけど何だと思って辞書で調べてみた。

そもそも、この熟語は、広辞林にはないようだ?
「不要」と「不急」それぞれの単語をつなげた造語なのだろうか?

ネット検索すると、唯一、実用日本語表現辞典に「重要ではなく、急ぎでもないこと。」とあった。

で、それぞれの単語を調べた。
「不要」は、必要がなく、いらないこと。と記されていた。

う~ん、どうも、「要」には「重要」と「普通の要」と二つの解釈があるようだ。

あるご老人の日課は散歩だとする。
1日の生活のなかでバランスをとっている散歩は欠かせない、つまり必要だ。
でも、重要かと問われると、なかなか判断に困ると思う・・・。
で、結果、散歩を止めて、心身のバランスが崩れたら本末転倒だ。

「不急」は、急いでする必要がないこと。と記されていた。

なんだか、「不要不急」は、「一番最初」とか「馬から落馬した」「最後の切り札」みたいな重言に聞こえてしまう。

急いでする必要がないこと、これまた、難しい。
少なくても、私らの世代では、「今日できることを明日に延ばすな」と言われて育った。
つまり、急いでする必要がなくても、今日やるのが当たり前なのだ。
それをするなとは、時代が変わったのか、状況が状況だからなのか・・・。

まぁ、別に屁理屈を言っている訳ではないが、言葉は大切にと思っているだけなのだ。

一先ず、明日は、不要不急、せいぜい、スーパーに買い物に行くだけにするか。

 
ko

特設サイト 新型コロナウィルス
 




最新コメント
ギャラリー
  • オンラインマラソン
  • クリフトン 6
  • マラソン大会の開催中止 その2
  • 南側用水の碑、ポンプ
  • 南側用水の碑、ポンプ
  • 南側用水の碑、ポンプ
  • 南側用水の碑、ポンプ
  • 南側用水の碑、ポンプ
  • 南側用水の碑、ポンプ
  • 「ぱぴぷぺぽ」の法則
  • 走ることについて語るときにクマの語ること
  • Stay Home
  • Stay Home
  • 週末ひとりフルマラソン
  • 災い転じて福となす
記事検索
アーカイブ
  • ライブドアブログ