気楽に行こうよ ♪

「中年ジョガーの四方山記」、「鷲宮弦代JC」と綴ってきたブログ、またお引越し、還暦を遙かに過ぎ、一生懸命というほどの根性もなく、なるがままに・・・。

市民ランナーの聖地化プロジェクト

第52回川内鴻輝ランニング教室

わたしとしては珍しく、先月に続いて、久喜市総合運動公園市民グランドの練習会に参加することができた。
今回の練習テーマは、スピード持久力を高めるトレーニングとして、ショートインターバル走だ。

先月と同じように走力別に組み分けされ走る。
わたしは、400m×10本(R=200mジョグ)疾走=112秒(=キロ4分40秒)の組で5本走った。
DSC_0021

その後、遅れ始めたので、一組下がって、400m×7本(R=200mジョグ)疾走=120秒(=キロ5分00秒)に移り4本走った。
そしてラスト1本(400m)はフリーなので、全力でキロ4分で走り、予定通り400mを10本走った。

最近の練習は、5分50秒~5分30秒程度のビルドアップ10km走がほとんど、たまに速くても、キロ5分10秒前後で1,000m1本だから、だいぶ息は上がったが良い練習になった。

そして、これでメニュー終了と思ったら、練習時間が少し余ったからと、急きょ1チーム6人(6チーム)によるトラック半周200m駅伝を行うことになった。
フリーで頑張ったのに更に200mはキツカッタが、駅伝になるとやはり頑張ってしまう。
でも、これはこれで、1週間後のフルマラソンに向けては良い刺激になったと思う。
 

ランニングパトロール

久喜市では協働で安全・安心なまちづくりの推進を図るため、ランナーによる地域見守り活動「ランニングパトロール隊」の募集が昨年11月にあった。
わたしも早速応募し、本日1月11日(土)にランニングパトロール隊の発足式が久喜市総合文化会館で行われたので走友たちと一緒に参加した。
DSC_4106

ランニングパトロール隊の活動は、人的対応としては、すれ違う人々への声掛け「こんにちは」や、ランパトすることによる不審者に対する抑止効果、物に対しては破損物や街灯の照明不良などの連絡が主なものとなる。
昨年末にもカーブミラーの故意的な破損がニュースになったり、防災無線では子供に対する大人の怪しげな行動がたまに発せられるので、これらの抑止効果は高いと思う。

公共施設などで不具合ヵ所があったら、スマホで写真を撮り、次のような画面から市役所に送信することができる。
久喜市、なかなか、やるじゃないと思った!

Screenshot_20200111-191101
発足式のあとに増田明美さんの講演があり、その後、市民ランナーの聖地化メンバーが4グループに分かれ、早速、街中にパトルールに繰り出した。
DSC_4111

DSC_4113

DSC_4115

こんにちはと声掛けすると、多くの人が、こんにちはと返してくれた、これ意外に嬉しい!

そして、これらの活動を一過性にせず継続して行っていきたいと思っている。
 
発足式にあたっての配布物はポロシャツを含むこれらでした。
DSC_4117

 




第51回川内鴻輝ランニング教室

新年早々、第51回川内鴻輝ランニング教室に参加した。
昨年は、大会参加とランニング教室がバッティングして数回しか参加できなかったので久しぶりだ。

今回のメニューは、
講習会テーマとして「セルフケアの重要性と、効率のいい身体の使い方!」を講師として田中裕将トレーナーが行った。
DSC_0029

故障だらけの身としては、知っていることも多かったが、改めて聞くと、もう一度、ちゃんと注意してケアしようと思うから不思議だ。
知っていても実践しないと意味がない、今年は気を付けようと思った。

練習メニューは、
「スピード持久力を高めるトレーニング」をテーマに、セットインターバル走を行った。
速さ別に6チームに分かれるのだが、正月太り&故障中なので、チームハム太郎のグループに入った。
IMG_0251

練習内容は、(1000m+400m)×4(R=200mジョグ) セット間3分
疾走=5分30秒+120秒
DSC_0067

物足りないかと思ったが、久しぶりのトラック走はこのタイム設定でちょうど良かった。
ラスト400mはフリーになるので、ここは頑張った。
96秒なので4分/km換算になる、良い刺激になった。

そして、一度帰宅しての新年会参加。
1週間前に行われた年末の川内杯栗橋関所マラソンの反省かとともに行われ、今年も良いスタートがきれた。
 

川内杯栗橋関所マラソンのコース下見

今月29日(日)に開催される「川内杯栗橋関所マラソン」にボランティアをすることになっている。
何をするかは事前説明会に行けなかったので、詳細は分からないが、少なくてもコースを知っておいた方が良いと出かけてみた。
kurihasi2
  (10kmコース折り返しまでのポイント)
  (画像をクリックすると大きくなる。)

大会要項によると、スタート地点は、利根川右岸129.5km地点なので、ここら辺りだと思う。
DSC_3985

DSC_3986

なにしろ、河川敷なので目標物が少ないのだが、水神宮様前なので間違いないだろう、この辺りが会場となる。
DSC_3987

DSC_3989

スタートして650mほどで、利根川を渡る125号線の橋梁を通過、900mほどで栗橋水位観測所を左手に見る。
DSC_3994
台風19号で、ここの水位が氾濫危険水位を超えてたのは記憶に新しい。

1.4km辺りで東北本線(宇都宮線)通過し、暫く行くと、右手、渡良瀬川が利根川に合流する地点だ。
3kmを過ぎ、3.6kmで東武日光線を超える。
晴れて空が澄み渡っていれば、右前方遠くに日光男体山が見えるはずだ。

4km辺りで、本来ならば堤体の上に上るのだが、堤体の嵩上げ工事をしているので、おそらく、このまま管理道路を走るものと思う。
DSC_3977

左手の堤体上にカスリーン公園の建物が見えたら、もう直ぐに5km地点、10kmコースの折り返しになる。
DSC_3974

DSC_4002
  (折り返し地点の堤体上、カスリーン公園)
DSC_4000

復路は全く同じコースを戻るので距離感は掴みやすいと思う。
往路のどの辺りで、川内優輝夫妻、鮮輝さんとすれ違えるか?
その走りを間近に見ることができると思うとワクワクする。
 





駅伝のチカラ!

久喜市で活動している「市民ランナーの聖地化Pr」とその大阪の会員であるYさんが取り持って、大阪の「千里ランランクラブ」との大阪交流駅伝が開催された。
久喜からは15名のランナーが参加、地元を含めて9チームで競い合った。
2019-06-09 09.19.24-1

わたしは、オジンチーム、還暦過ぎの5人のチームになった。
一人が、1.4kmを3周受け持つ、1周ごとにタスキをつなぐコースだ。
1週間前に奥武蔵ウルトラマラソン78kmを走ったので、速く走るフォームが回復しておらず、また疲れもあり、ゆっくりと走って楽しむつもりだった。

ところが、第一走となり、よーいドン。
さすがに若手はさぁーっと行ってしまったが、ほぼ同世代と思われる地元ランナーと暫く並走した。
ただ、徐々においていかれると、気持ちに火がついてしまった。
2019-06-09 11.05.15

最近トライしている、母指球を意識して、ほんの少し、がに股気味に脚を伸ばすと、思うようにスピードが出てきた。
あっという間、ハァハァゼィゼィとなったが、4分28秒/kmで次走にタスキをつなげた。
2周目は、後ろから来たランナーに抜かれ、しばらく離されないように背中を追い、ラストのカーブで抜いた、4分25秒/kmだった。
そして、3周目のタスキ、前後にランナーがいなくなり、競う相手がいない、4分39秒/kmだった。
このタイムの遅さは、やはり競う相手がいるかどうかだろう、改めて、そして久しぶりに駅伝のチカラを感じた走りになった。
 




第40回川内鴻輝ランニング教室

今月のランニング教室も、講習会と練習会の二部構成。
講習会は、今までとは毛色を変えて、「川内家御用達!ランナー大好きカステラ作り」ということで、料理実習、エプロンなんて付けるの何十年ぶりだろうか・・・。

講師は、久喜親善大使でもある岡嶋彩さん(可愛い)、4グループに分かれて、我がチームは女性3人男性2人で作り始める。
IMG_5374

講師の話を聞きながら、レシピを眺め、いやー、想像以上に砂糖が多いと分かった。
これはもう走るときじゃないとカステラ食べれないな・・・。
悪戦苦闘しながら、作り始めて2時間弱で試食、ふわふわのカステラとはいかなかったが、重量感があり、これから練習なのでちょうど良い。
50924292_553745908441912_1041945717251244032_n

IMG_5458

半分はお土産にして、家で食べてもらう。

そして、運動公園に移動して、メニューは、ロングインターバル走。
今回は特別に亜細亜大学女子陸上部とのコラボ、彼女らがペーサーをしてくれた。
IMG_5463

設定タイムは、4分~6分半までの6パターン。
どの設定タイムか悩んだが、フルマラソンが控えていたので、無理せず5分20秒/kmにした。
2,000mを3本、リカバリー400m、ラスト2,000mはフリーとなっている。

亜細亜大学女子陸上部、やはり、ペーサー上手い、ぴったりと刻む。
IMG_5725

ラスト2,000mのフリーは、余力があったので、スピードを上げ、4分45秒/kmで走り切った。
梨状筋痛、臀部にテーピングしておいたので、ピキっといかず良かった。
このぐらいの速さで走ると気持ちが良い、あとは、愛媛マラソンに向けて疲労回復ジョグで過ごしていこう。
 
 


第39回川内鴻輝ランニング教室

昨年の9月に参加して以来、久々の参加。
今回のランニング教室は、講習会と練習会の二部構成で、講習会では、川内鮮輝コーチによる「ウルトラマラソン㊙︎準備方法」と題して、ウルトラマラソン&フルマラソン対応の練習の仕方について講義があった。
49637468_776033016098366_4290376448406978560_o

週間練習スケジュールは、
1日目、距離走orロングジョグ
 15~100km、5’00”~3’25”/km、大会参加で代用も可
2~4日目、ジョギング
 5~30km、6’00”~4’30”、動きを整える・ストレッチするような感覚で気楽に・体の軸を前傾させ筋力を使わずに反発や反動を使う
5日目、スピード練習
 ~10km、3’20”~2’50”、ペース走・インターバル・変化走
6~7日目、ジョギング

ジョギングは、マラソンペースから1分以上落とすので、わたしの今の走力に当てはめると、6’50”/kmになる。
故障がちながら、ここまで落として走ったことはない。
だから、いつも似たような距離しか走れないのかもしれない、一度試してみたい。
その他、ケアの仕方、大会当日の気持ちの持っていき方など話され、最後に質疑応答が合って終えた。
とても勉強になった。

練習は3時から2時間
挨拶、体操、動きづくり、ウォーミングアップのあと、各グループに分かれての本練習だ。
49212572_776034182764916_6250730016292732928_o

今回のテーマ:マラソンシーズンの実践トレーニング
【ペース走+1000mフリー】
●乙事主チーム:10000m+1000m
 →キロ4分30秒+フリー

●猪八戒チーム:8000m+1000m
 →キロ5分00秒+フリー

●プンバァチーム:7000m+1000m
 →キロ5分30秒+フリー

●イシシチーム:6000m+フリー
 →キロ6分00秒+フリー

●ウリボーチーム(初心者)5000m+フリー
 →キロ7分00秒

わたしは梨状筋が痛むので、プンバァチームで走った。
50057649_776033542764980_6805773961419292672_o

最後のフリーは、まったくスピードにのれず不甲斐ない結果になった。
これは真剣に故障と向き合わないといけないと感じた新年早々のランニング教室だった。
 

第36回川内鴻輝ランニング教室

月に一度の練習会だが、いろいろと野暮用があり、今年度初参加だ。
中央公民館で、座学「初めてのトレイル」をベテラン会員が説明、初心者じゃないが、初心忘るべからずで聴講した。

続いて、運動公園に移動して練習会。
一日、降ったりやんだりの天気だったが、トラックの状態は良かったので、当初のメニュー通りに実施された。
今回は、川内鴻輝さんが不在ということで、トレーナーの田中さんが仕切ってくれた。
DSC_4374

DSC_4388

テーマ:夏も終盤。今こそ、進化するとき!!

(3000m+2000m+1000m)レペテーションで、リカバリーが7分( jog or Walk)

設定タイム別に5チーム、
●土佐犬チーム:( 3000m+2000m+1000m) → 12分45秒+8分10秒+フリー)
●パトラッシュチーム:( 3000m+2000m+1000m ) →13分30秒+8分40秒+フリー
●スヌーピーチーム:( 3000m+2000m+1000m) →15分00秒+9分40秒+フリー
●チーズチーム:( 3000m+1000m ) →16分30秒+フリー
●キララチーム(初心者):(2000m+1000m+400m) →13分00秒+5分40秒+フリー

わたしは、スヌーピーチームで、
15分28秒/3,000m + 9分26秒/2,000m + 4分12秒/1,000m だった。
最後は結構しんどかったが、前を行く女性ランナーを追いかけ、何とか走り切ることができた。
DSC_4430

やはり、一人で走るよりは粘れる。

北海道マラソンの疲れは、さほど無いように感じたが、腰回りが堅くなっているので、しっかりとケアしなければと思った。

 




第25回川内鴻輝ランニング教室

原則、毎月第一日曜日開催のランニング教室が、久喜市総合運動公園市民グランドで開催された。

今回は、会員の意見交換会が14時よりあり、その後、15時30分から始まった。
挨拶、体操、動きづくり、ウォーミングアップのあと、各グループに分かれての本練習だ。
IMG_4049

IMG_4070

今月の練習メニューは、ショートインターバル走(リカバリーは200mジョグ)で、走力別に次の4チームに分かれて行われた。

①火の鳥チーム:400m×15本
1分36秒(1キロ4分00秒ペース)

②コバトンチーム:400m×12本
1分44秒(1キロ4分20秒ペース)

③ひよこちゃんチーム:400m×10本
1分56秒(1キロ4分50秒ペース)

④ポッポチーム:400m×7本
2分08秒(1キロ5分20秒ペース)

⑤初心者コース

わたしは、ひよこちゃんチームで、400m/1分56秒×10本、さらにラスト11本目は、400mフリーで、1分36秒だった。
IMG_4254

一人の練習ではなかなか出来ないメニューで気持ち良く終えることができた。
IMG_4339

第24回川内鴻輝ランニング教室

原則、毎月第一日曜日開催のランニング教室だが、今月は土曜日開催となった。

暑さもあり、17時から始まった。
挨拶、体操、体幹、ウォーミングアップのあと、各グループに分かれての本練習だ。

今月の練習メニューは、ショートインターバル走(R=200mジョグ)で走力別に次の4チームに分かれて行われた。

1.火の鳥チーム:200m×20本
 44秒(1キロ3分40秒ペース)

2.コバトンチーム:200m×15本
 48秒(1キロ4分00秒ペース)

3.ひよこちゃんチーム:200m×15本
 54秒(1キロ4分30秒ペース)

4.ポッポチーム:200m×10本
 60秒(1キロ5分00秒ペース)

わたしはウルトラ走りしかしていなかったのだが、頑張って、ひよこちゃんチームで走った。
DSC_4044

なかなかキツかったが、最後まで、何とかこなすことができた。

第二回川内チャレンジ

第一回大会が昨年の秋、肌寒い11月27日でしたが、第二回の今日は、気温が高くなりました。
今回は、1週間前にオクムで78km走っているので、エントリーせず、ボランティア参加しました。
7時30分に集合、テント設営など終えて、9時に開会式、わたしの係は、前回に続き競技者担当。
54

スタートラインで、競技者の招集をボランティア3人で行いました。
受付時のシートで、ナンバーと名前を確認、5,000mのみ腰ゼッケンを渡し左腰に付けるよう指示します。
招集が終わったら、そのシートを記録係りに渡す。
種目は、小学生男女別1,000m、中学生・一般1,500m、親子800m、男女5,000mで、男子5,000mのみ参加人数が多く3組で、都合8組でした。

10時スタートの小学生男子1,000mから最後の12時30分スタートの女子5,000mまで途切れることなく続き、多くの仲間も走っているので声援をおくりながら楽しい時を過ごしました。

第22回川内鴻輝ランニング教室

 原則、毎月第一日曜日開催のランニング教室、大会参加などで今年2回目の参加となった。
午後からの講習会、今回は救急救命講習だったのだが、カイロプラクティックの予約を入れていたので、夕方の練習会から参加した。

体操、動きづくり、ウォーミングアップを終えて、走力別にアップを始めてトラックを2周したころから雨が降り始め、雷が鳴った。
IMG_1686

IMG_1714

万が一のことがあるといけないので、練習はいったん中止となった。
これから、変化走のメニューだったのに残念だ。
雨雲の動きから止みそうもないので、隣のアリーナに移動、武道場で体幹トレーニングを することになった。

タバタ式トレーニング、わたしは知らなかったが、最近はよく取り入れられているそうだ。
バービージャンプ、腕立て、背筋、スクワットなど8種目をそれぞれ20秒間全力で行い、10秒間やすむというもので、これを3セット行った。
IMG_1743

いやー、最近こんなことやっていなかったので、むちゃくちゃキツカッタが、いつもと全く違う筋肉を使った感じがした。
これからの練習メニューに取り入れてみようと思う。

 

第18回川内鴻輝ランニング教室

毎月第一日曜日開催が基本の川内鴻輝ランニング教室、新年なので、今日となった。
練習会に先立ち、座学もあったのだが、白岡新春マラソンに参加したので、練習会飲みの参加となった。
DSC_1710

いつもの練習場所、 久喜総合運動公園が改修工事のため、1~2月は宮代総合運動公園で行うのだが、実際にトラックを走ってみると、整備不足で足がもつれる感じがした。

練習メニュー
1.体操
2.基本動作(動きづくり、体幹等)
DSC_1715
 
3.ウォーミングアップ(400m×5周)
4.各グループに分かれて本練習
 Team-A
  1,000m(4:15/km)+400m(3:40/km)
  リカバリー200mジョグ、セット間は400mジョグ
 Team-B
  1,000m(4:40/km)+400m(4:00/km)
  リカバリー200mジョグ、セット間は400mジョグ 
 Team-C
  1,000m(6:45/km)+400m(5:00/km)
  リカバリー200mジョグ、セット間は200mウォーク
 ラスト400mはフリー 
IMG_3951
 
5.ダウンジョグ
6.体操

本練習は、自分の走力に合うチームがなかったので、1本目のみBで走り、あとは、Cに移動して走った。
この練習会に参加して1年、みんなのレベルが上がっていることに改めて驚いた。
子供の付き添いという感じで参加していた お母さん方の走力には目を見張るものがあった。
 

新春走り初めイベント

久喜市で活動している市民ランナーの聖地化プロジェクトの練習会は、久喜総合運動公園のトラックを利用することが多い。
その公園の運営管理を行っているのが、毎日興業アリーナという会社で、今回は、毎日興業アリーナ久喜が主催する無料の新春走り初めイベントがあり、参加した。
 
参加者が多く、予定していた会議室が手狭ということから、体育館入り口ロビーで、まず、川内鴻輝さんの座学 から始まった。
おそらく私が最年長だと思うが、参加者の多くは中学生だった。
1483616919534

走り方教室と質疑応答で40分ほどでとり、その後は外に出て、実践、トラックが工事中なため、運動公園の芝などをコースとしたクロカン練習になった。
距離はおよそ1.2km超だろうか、アップダウンはないものの、不整地なので、良い練習にはなる。
1時間ほど走り終了した。
1483616894824

お汁粉のサービスがあったが、今日が今年の走り始めなのでもう少しと、公演周りのアスファルトを40分ほど走って終えた。
汗っかきなのに、気温が低めで、風も強かったので、汗はかかなかったな。

 

川内チャレンジ

久喜市でのトラック記録会としては初めて?の開催となる川内チャレンジに参加しました。

市民ランナーの聖地化プロジェクト会員としての縁から、スタッフ側審判員の一員に加わり、久喜市総合運動公園に7時30分に集合し、テントの設営から始めました。
小雨でしたが、運営説明を受けるころには雨も上がり、受付が始まりました。
29

そして、開会式の前に川内鮮輝さんのランニング教室があり、9時から開会式が行われました。
34

10

わたしの役割は、招集確認です。
1,000m、1,500m、5,000mそれぞれのスタート位置で、スタート15分前までに、ナンバーと氏名を確認します。
さらに、5,000mでは腰ゼッケンを配布し、右腰に付けるよう指示もしました。
市民マラソンでは味わえない、ちょっと競技者ぽいところが新鮮です。

大会ディレクターの川内鴻輝さんは、単なる記録会にとどまらず、このイベントを通じて「楽しさと真剣さ」を追求したものにしたいということから、 長友そっくりさんの鈴木理さんが、MCとなり、競技進行から走る選手へ名前を呼びながらの応援など、また、開会式でのインディ鈴木さんのリフティングパフォーマンスや競技途中の休憩時にはリフティング教室などもあり、小中学生たちは楽しんでいました。
15

競技は小学生の1,000mから始まり、川内鮮輝さんがペーサーとなって引っ張るなど、選手にとっても良い経験になったと思います。
30

5,000mにはわたしも選手として参加しました。
ここ何年も故障があり、5分/kmが切れていないことから、目標タイムは25分を切ることでした。
入りは速すぎましたが、その後極端に落ちることもなく何とかイーブンで走り切り、24分33秒と思いのほか良かったです。
IMG_3319

閉会式では、最高齢者参加ということで、ソックスも頂いちゃいました、ラッキー!

このイベント、年に4回は、やりたいとのこと、その発展に少しでも関わることができればと思っています。

 
最新コメント
ギャラリー
  • 南側用水の碑、ポンプ
  • 南側用水の碑、ポンプ
  • 南側用水の碑、ポンプ
  • 南側用水の碑、ポンプ
  • 南側用水の碑、ポンプ
  • 南側用水の碑、ポンプ
  • 「ぱぴぷぺぽ」の法則
  • 走ることについて語るときにクマの語ること
  • Stay Home
  • Stay Home
  • 週末ひとりフルマラソン
  • 災い転じて福となす
  • 不要不急
  • 太平山トレイル
  • 太平山トレイル
記事検索
アーカイブ
  • ライブドアブログ