気楽に行こうよ ♪

「中年ジョガーの四方山記」、「鷲宮弦代JC」と綴ってきたブログ、またお引越し、還暦を遙かに過ぎ、一生懸命というほどの根性もなく、なるがままに・・・。

ワラーチ

ワラーチを作る

色々な大会で走っているが、よく見かけるようになったのが、はだしランナー、ワラーチランナーだ。
はだしは、もちろん素足で走る。
先日の榛名湖マラソンでも私と前後しながら走っているランナーが裸足だった。
ただ、裸足はさすがにトレイルでは厳しいと思う、でも、ワラーチで走るトレイルランナーは意外にいる。

ワラーチ、前々から興味を持っていたのだが、走友たちがワラーチづくりのページをアップしたので、見よう見まねで作ってみることにした。

材料は、ビブラム#8338(7mm)・・・東急ハンズで購入
CRウェットスーツ用生地・・・東急ハンズ
接着剤シューグー・・・東急ハンズ
穴あけポンチ・・・ダイソー
ゴム紐・・・ダイソー
56

まず、コピー用紙に足をのせ、ボールペンでなぞった。
04

それをはさみで切り、ビブラムにのせて、ゴムを切った。
40

57

次に、CRウェットスーツ用生地に、切ったビブラムをシューグーで接着した。

24時間、乾かして、ビブラムに合わせてハサミで切る。
05
右下のひもは結局使わなかった。

次に、切ったビブラムに足をのせ、親指と人差し指の間にポンチで穴を開ける。
同様に、くるぶし側と内側にそれぞれポンチで穴をあけた。
足をのせ、ゴム紐でワラジのようになれば完成だ。
10

ゴム紐通しは、YouTubeを参考にした。
一度目のゴム紐通しがこれ
16

二度目がこれ
59

こちらの方が馴染んだ。

ワラーチづくり、夏休みの工作みたいで面白かった、そして意外にも簡単だった。
ワラーチで大会を走ろうとは思わないが、前足部・フラット着地のフォーム改善に役立つと思っている。
そんなに長い距離は走れないが、フォームの矯正には良いと思っている。
先日の榛名湖マラソンでも役立ったと思う・・・。

BORN TO RUN

ワラーチを履いて走るランナーをワラーチャーというらしい。
ワラーチとは、ランニングができるサンダル、サンダルといってもビーチサンダルに近いものと思った方が良い。
最近の大会では、ウルトラマラソンを含めて、このワラーチで走るランナーを見かける機会が多くなった。
そもそも私がこのワラーチに似たようなものを知るきっかけとなったのは、この本を読んでからだ。
「BORN TO RUN」(走るために生まれた)
25

ニューヨークタイムズで32週連続ランクイン、日本語訳での発刊は、2010年(平成22年)、面白いと評判だったので、当時、直ぐに買った記憶がある。
本の帯にはこう書かれている「本当のRUNはタラウマラ族が知っている!」

内容はググればいくらでも出てくると思うので、ここでは詳細しないが、やはり強烈に印象に残ったのは、メキシコの山奥に暮らすタラウマラ族が愛用している履物、古タイヤのゴムを足の形に切り抜き、それで長距離を走り切ってしまうところだった。
このゴム製の履物の形が、ワラジに似ていることから、ワラーチと呼ばれるようになったのだと思う。
そして、これが、ベアフットランのブームの元だったのだと思う。

そんな履物があれば欲しいな~と思っていた。
でも、ある訳がない、その時はそう思った。
暫くして、自作する人たちがいて、ネットにも紹介されるようになってきていた。
でも、自分には材料をどうするとか、作るとか考えられなかった。
そこで買ったのが、裸足感覚でとうたわれた、ビブラムファイブフィンガーズだ。
19

この足袋みたいなシューズ、冬場は良いが、暑い季節は汗でグショグショになってしまって走りにくかった。
それでも、フォームの矯正などには役立ったのだが、それも時とともに忘れてしまっていた。

そして、つい最近なのだが、ワラーチャーになろうと、走友たちが、ワラーチの材料や作り方などを教えてくれたので一念発起でワラーチ作り始めてみたのだ。

余談だが、この本には、シューズについてこう書かれている、興味深い。
04



最新コメント
ギャラリー
  • メレル ベイパーグローブ4
  • 夕張
  • 夕張
  • 夕張
  • 夕張
  • 夕張
  • 夕張
  • 北海道マラソン
  • 北海道マラソン
  • 北海道マラソン
  • 北海道マラソン
  • 北海道マラソン
  • 北海道マラソン
  • 真夏の大菩薩峠ラン
  • 真夏の大菩薩峠ラン
記事検索
アーカイブ
  • ライブドアブログ